GEMFOREXはNDD方式でもあり、DD方式でもある

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引形態はNDD方式なのか?それともDD方式なのか?

様々な意見がネットやSNSで挙がっていますが、実際のところGEMFOREXはNDD方式であり、DD方式でもあります

いや結局どっちなんだよ!って声が聞こえた気が(笑)しっかり説明しますのでご安心を!
GEMFOREXは、トレーダーにとってメリットしかない取引形態です。

今回はNDD方式・DD方式の仕組みや特徴から、GEMFOREXの取引形態について解説していきます。

FX業者の2つの取引形態

GEMFOREXはNDDかDDか
FX業界には、トレーダー・FX業者・インターバンク(金融機関)の3つが存在します。
多くの方がこのような取引をイメージしているのではないでしょうか?

この解釈は正しくもあり、間違ってもいます。

このイメージの誤解は、FX業者はトレーダーに従順ではないということ。常にトレーダーの言う通り注文を通しても、FX業者の利益はたかが知れますよね。

FX業者は、トレーダーからインターバンクへの注文の間にディーラーを挟んでいます。ディーラーの仕事は、トレーダーからの注文をインターバンクに流すかどうかの判断をすることです。

このディーラーの有無が、取引形態を以下の2つに分けています。

  • DD方式…ディーラーが存在する
  • NDD方式…ディーラーが存在しない

 
DD方式・NDD方式それぞれの取引形態について解説していきます。

DD方式とは

DD方式とは

仲介役としてディーラーが存在するDD方式は、主に国内FXで主流です。

FX業者がディーラーを据える理由はこちらの2つ。

  • FX業者の利益を大きくするため
  • FX業者が受ける損失リスクを抑えるため

利益を大きくしたり、損失リスクを抑えられる理由は、ディーラーが以下の判断を行うからです。

ディーラーが行う判断
  • 注文を直接インターバンクに流すか
  • 他のトレーダーの注文と相殺するか
  • 反対注文を行うか
  • 注文を呑むか
  • スリップページ&約定拒否をするか

この判断がどのような状況で行われるのか、それぞれ見ていきましょう。

FX業者の利益を大きくするための判断

まずは、ディーラーがFX業者の利益を増やすために取る判断について見ていきます。

直接インターバンクに流すか

基本的に多くの注文は直接インターバンクに流します。この場合、FX業者にスプレッド分の利益が発生します。

しかしスプレッドのみだと、わずかな利益しか得られませんよね。

そこでFX業者がそれ以上の利益を出せるよう、ディーラーは注文を流さない判断をすることがあります。

他のトレーダーの注文と相殺するか

ディーラーは同じ価格・量の買い注文、売り注文を相殺する判断を取ることがあります。

仕組みは簡単で、片方の注文で生じた利益を反対注文で生じた損失で支払うだけです。

なぜ相殺によってスプレッド以上の利益を得られるのかというと、インターバンクに注文を流す際、FX業者は金融機関にスプレッドを払わなければいけないのです。そのため、注文を流さなければその支払いが浮く=利益が増える、というわけです。

反対注文を行うか

ディーラーは注文を流さず、トレーダーの注文と反対の注文を行うことがあります。

トレーダーの注文と逆の値動きをすればFX業者が2倍の利益を得られますが、トレーダーの注文通りに動けば2倍の損失を生みます。

このようにハイリスクハイリターンなため、勝率がかなり低いトレーダーや、ディーラーが確信を持ったときのみ行われます。

注文を呑むか

ディーラーは、トレーダーの注文を呑む判断をすることがあります。

「呑む」とは、注文を放置するという意味。つまり、インターバンクにも流さず相殺もせず、反対注文も行いません。

トレーダーが損失を出すと、通常金融機関に損失分の利益が支払われます。しかし呑み行為をすると、その利益がそのままFX業者に支払われるのです。逆にトレーダーが勝った場合は金融機関ではなくFX業者が支払いを行います。

反対注文より低リスクですが、やはり損失リスクが伴う以上この判断を下すことは多くありません。

まとめ

ここまで利益を大きくするためのディーラーの判断を説明してきました。

DD方式はトレーダーにとって不利だという評判もありますね。

しかしここまで紹介した内容で、DD方式はFX業者の損益にしか影響がないことがわかると思います。インターバンクに注文を流すかどうかというだけで、トレーダーの損益には全く影響がありません

続いて、GEMFOREXが公表している取引形態でもあるNDD方式について解説します。

FX業者が受ける損失リスクを抑えるための判断

ディーラーが行う「判断」は、コンマ何秒という単位で行われています。

ただ為替は常に変動するため、判断がわずかにずれてしまうだけで、トレーダー・FX業者・インターバンクの注文値において差が生じます。

この差分がFX業者にとっての損失。この損失をなくすためにディーラーは「スリップページ」や「約定拒否」の判断を行う場合があります。

スリップページ&約定拒否

大きな損失が出てしまう場合、ディーラーはトレーダーからの注文値をずらしたり、なかったことにします。

これがスリップページや約定拒否と言われるものです。

  • スリップページ…トレーダーからの注文値をずらして注文を通す
  • 約定拒否…トレーダーからの注文を拒否する

 

まとめ

FX業者の損失リスクを抑えるための判断はトレーダーにも損失が出ます。

しかしスリップページや約定拒否はFX会社として信頼性の低下に繋がるため、大手のFX会社であればほとんどこの判断を行うことはないでしょう。

NDD方式とは

NDD方式とは

NDD方式とは、ディーラーを介さずにトレーダーからの注文をそのままインターバンクに流す取引形態。

GEMFOREXを含む海外FXは、NDD方式が主流です。NDD方式のFX業者の利益はスプレッドのみです。

また、NDD方式は以下の方式に細分化されます。

  • ECN方式
  • STP方式

 
それぞれ説明します。

ECN方式

ECN方式はスプレッドの狭い口座で採用されています。GEMFOREXで言うと、ノースプレッド口座がECN方式です。

ECN方式は、FX業者を通してインターネット上の取引所にアクセスし、自由に注文を提示します。参加者同士における同量の「売り注文」と「買い注文」があって初めて取引成立です。

ECN方式の問題点として、参加者の少ない時間帯ではなかなか取引が成立しないことが挙げられますが、参加者の多い時間帯に取引すれば基本的に問題はありません。

STP方式

STP方式は通常口座で採用されています。GEMFOREXではスタンダード口座がSTP方式ですね。

STP方式とは、カバー先と呼ばれる金融機関の中でトレーダーに最も有利なレートを選び、売買を成立させる形態。FX業者自体がトレーダーとインターバンクの間に入り、トレーダーの注文を受け、カバー先に流します。

カバー先が多いほど、約定力が高いと判断することができます。

DD方式とNDD方式の違い

DDとNDDの違い

DD方式とNDD方式のメリットデメリットをまとめました。

【DD方式のメリット】

  • スプレッドが狭い
  • スプレッドが原則固定

 
【DD方式のデメリット】

  • スリップページや約定拒否の可能性

 

【NDD方式のメリット】

  • スリップページがない
  • 約定拒否がない

 
【NDD方式のデメリット】

  • スプレッドが広がる

 
みていただくとわかるように、コストパフォーマンスではDD方式約定力ではNDD方式が有利です。

ここまでDD方式とNDD方式について説明しましたが、GEMFOREXは本当にNDD方式なのか解説していきます。

GEMFOREXはNDD方式ときどきDD方式

GEMFOREXはDDでもありNDDでもある

GEMFOREXはNDD方式だと公表していますが、私はGEMFOREXはDD方式かつNDD方式だと考えます。

GREMFOREXがDD方式も採用していると思う理由は以下の2点。

  • ノースプレッド口座のスプレッドがNDD方式ではあり得ないほど低い
  • ドル円で原則固定スプレッドを適用している

このGEMFOREXの形態は、スプレッドも狭く約定力の高さも維持されるのでトレーダーにとってはメリットでしかありません。GEMFOREXほどの大手会社なら信頼性に関わる意図的な約定拒否やスリップページは考えにくいです。

現時点で私もGEMFOREXで不正にあったことはないですし、SNS上でもGEMFOREXの不正について話は出ていません。

信頼性が高くスプレッドも狭いGEMFOREXは、初心者の方にもおすすめです!GEMFOREXの口座開設は下のボタンからできますよ!

\\最大2万円ボーナスをもらう!//

Twitterでフォローしよう