GEMFOREXのスプレッドは狭い|週明けと早朝は要注意

スプレッドはFX取引において重要な要素のひとつ。取引する度に発生するので、狭い方がいいですよね。

意外と知られていないのですが、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドの狭さは海外FX業界最高レベルです。

公式サイトで口座別のドル円の最小スプレッドを見てみると、オールインワン口座1.2pips、ノースプレッド口座0.0pipsとなっています。

この記事では、7年間使い続けて分かったGEMFOREXのスプレッドの極意を解説します。他海外FX業者との比較もしていきますので、ぜひ参考にしてください。

最新情報:ゴールドのスプレッド操作疑惑

2021年1月19日の早朝、GEMFOREXのゴールドのスプレッドが最大で6365pipsの広さを見せたようです。

これには「スプレッド操作があるのでは?」と疑惑の声が上がりました。ところが実際には誤った価格が配信されたことが原因のよう。

こうしたGEMFOREX側に非があるケースでは、損失分を補てんしてもらえることがほとんどです。気になる方は、GEMFOREXの公式お問い合わせ先に問い合わせてみましょう。

そもそもスプレッドとは?

FXにおけるスプレッドとは、買値と売値の差額のことです。たとえばUSD/JPYの買いが100.11pips、売りが100.13pipsの場合、差額は0.02。この差額0.02円、つまり2銭がスプレッドです。

FXでは取引の手数料として、注文を確定する際にスプレッドをFX業者に支払わなくてはなりません。スプレッドは狭い方がお得というわけですね。

スプレッドには、固定スプレッド変動スプレッドがあります。

固定スプレッド ・すべての国内FX業者
・原則FX業者が提示するスプレッドは変わらない
・経済指標発表時などは例外的にスプレッドが広がる
変動スプレッド ・海外FX業者に多い
・スプレッドは相場状況や時間帯に合わせて変動する

GEMFOREXはこのうち、変動スプレッドを採用しています。
※2019年まで採用されていたドル円のみ、固定スプレッドは現在廃止となっています。

これにより、GEMFOREXはスプレッドを可能な限り狭くすることに成功しています。主要通貨の最狭スプレッドはなんと脅威の0.0pipsです。

もはやスプレッドという概念が存在しないですよね(笑)

一方で変動スプレッドのデメリットは、広がる時はかなり広がってしまうことです。この点はしっかり理解しておいてくださいね。

たとえばスワップポイントを狙ったトレードでは、スプレッドが広がるタイミングでポジションを持ってしまうのはかなりもったいないです。

GEMFOREX全口座タイプのスプレッドを比較

GEMFOREXには2つの口座タイプがあり、それぞれスプレッドが異なります。

オールインワン口座
・スプレッドはノースプレッド口座より広い
・ボーナスの受け取り対象
・EAも制限なし

ノースプレッド口座
・スプレッドは最狭レベル
・ボーナス・EAは使えない

 

2つの口座タイプの違いは、ボーナスを活用して利益を出すか(オールインワン口座)、取引コストであるスプレッドを抑えて取引するか(ノースプレッド口座)ということですね。

GEMFOREXの各口座タイプのスプレッドは、次のとおりです。

通貨ペア オールインワン口座 ノースプレッド口座
USD/JPY 1.2 0.0
EUR/USD 1.2 0.0
CHF/JPY 2.1 1.5
AUD/CAD 2.5 2.4
AUD/JPY 1.6 0.6
AUD/NZD 2.3 1.9
AUD/USD 1.5 0.3
AUD/CHF 2.4 1.4
GBP/USD 2.2 1.3
CAD/JPY 2.0 1.2
EUR/AUD 2.3 1.5
EUR/CAD 2.2 2.0
EUR/CHF 2.0 0.7
EUR/GBP 1.8 0.3
EUR/JPY 1.3 0.5
EUR/NZD 3.2 3.1
EAR/ZAR 102.8 68.3
GBP/AUD 3.2 3.1
GBP/CHF 3.1 1.6
GBP/JPY 2.2 1.0
GBP/USD 2.2 1.3
GBP/NZD 3.0 2.9
GBP/CAD 3.3 2.4
NZD/JPY 2.1 1.2
NZD/USD 1.8 1.1
USD/CAD 2.0 0.8
USD/CHF 1.9 0.3
USD/CNH 17.4 17.3
USD/SGD 3.3 3.2
USD/TRY 22.0 20.3
USD/MXN 55.0 53.3
USD/ZAR 16.0 15.0
XAU/USD 3.0 2.1
XAG/USD 2.1 2.0

※スプレッドは変動するので、リアルタイムの値はMT4の実際の数値を確認してください。

やはりノースプレッド口座のスプレッドは、どの通貨ペアでも狭いですね。

また通貨ペアごとに見てみると、GPB/JPYなどの流動性が低い通貨ペアはオールインワン口座、ノースプレッド口座ともにスプレッドが広い傾向があります。

反対に流動性が高いUSD/JPY、EUR/USDなどはスプレッドが狭く、これらの通貨ペアはノースプレッド口座で最狭の0.0pipsとなります。

ただ、スプレッドの値だけで口座タイプを選ぶのは危険ですね。取引をより有利に進めるために、各口座タイプの特徴も簡単に見ておきましょう。

オールインワン口座はボーナスが魅力

GEMFOREX(ゲムフォレックス)オールインワン口座のスプレッド

オールインワン口座は、GEMFOREXで最も開設数の多い基本的な口座タイプです。

オールインワン口座の特徴
  • スプレッドは平均的
  • EA&ミラートレードの自動売買可能
  • ボーナスキャンペーン対象
  • 初回入金額は100円~

オールインワン口座のスプレッドは、ノースプレッド口座よりも広くなっています。

しかしGEMFOREXのもうひとつの大きな魅力であるボーナスキャンペーンは見逃せません。これはオールインワン口座でしか受け取れない特典です。

口座開設だけで2万円がもらえるボーナスのほか、入金額が倍になる入金ボーナスもしょっちゅう開催されます。

初回入金額も100円からと、ノースプレッド口座よりも気軽に始めることができますね。

ノースプレッド口座はスプレッドが狭くプロ向け

GEMFOREX(ゲムフォレックス)ノースプレッド口座のスプレッド

ノースプレッド口座は、スプレッドがかなり抑えられた口座タイプです。

ノースプレッド口座の特徴
  • スプレッドは業界最狭水準
  • EA(自動売買)は利用不可
  • ボーナス対象外
  • 初回入金額は30万円~

ノースプレッド口座のメリットは、とにかくスプレッドが極端に狭いことです。

スキャルピングトレーダーをはじめ裁量トレーダー向けの口座で、トレードのスペック(レバレッジ・ゼロカット・スプレッド・約定力)が最高水準にそろっています。

その代わり初回入金額がかなり高額で、EAの利用やボーナスキャンペーンは対象外となっています。

 

口座タイプはどう使い分ければいいの?

GEMFOREXでは複数口座の開設数に制限はありませんし、資金移動も自由です。そこで私がおすすめする方法はこちらです。

オールインワン口座でボーナスキャンペーンや自動売買を利用した取引を行う
②資金移動をしてノースプレッド口座で通常の裁量トレードを行う

これなら初回入金30万円のハードルを負担なくクリアしながら、より効率のよい口座で利益を積み重ねることができます。

他海外FX業者とのスプレッド比較

GEMFOREX(ゲムフォレックス)と他海外会社のスプレッド比較

GEMFOREXではノースプレッド口座の方がスプレッドが狭いことが分かりましたね。

続いては、GEMFOREXの2種類の口座タイプ別に海外FX他社のスプレッドを比較してみましょう!

今回比較したのは、海外FXの中でもスプレッドの狭さを売りにしている以下の4社です。

  • GEMFOREX
  • XM
  • AXIORY
  • IS6FX

オールインワン口座と他社の比較一覧

こちらは、GEMFOREXのオールインワン口座に相当する口座とのスプレッド比較表です。

通貨ペア GEMFOREX
(オールインワン口座)
XM
(スタンダード口座)
AXIORY
(スタンダード口座)
IS6FX
(スタンダード口座)
取引
手数料
無料 1.0pips 0.6pips 無料
USD/JPY 1.2pips 1.6pips 2.1pips 1.6pips
EUR/JPY 1.3pips 2.3pips 2.2pips 2.3pips
GBP/JPY 1.8pips 3.6pips 4.1pips 3.1pips
AUD/JPY 1.6pips 3.3pips 2.7pips 2.9pips
CAD/JPY 2.0pips 3.4pips 5.4pips 3.0pips
EUR/USD 1.2pips 1.7pips 1.5pips 1.5pips
GBP/USD 2.2pips 2.2pipis 3.3pips 2.4pips
AUD/USD 1.5pips 1.8pips 3.3pips 2.0pips

※上記4つのFX業者の口座は変動スプレッドのためすべて平均値を算出しています。

GEMFOREXのオールインワン口座は、どの通貨ペアも他の海外FX業者に比べてスプレッドが狭いですね。しかも取引手数料は無料です。

特に短時間に何度も決済するスキャルピングでは、取引コストの問題は無視できません。

その点GEMFOREXはこれだけスプレッドが狭いにもかかわらず、レバレッジ1000倍かつゼロカットありという、まさにスキャルピングにぴったりの取引環境が用意されています。

続いては、ノースプレッド口座を見ていきます。

ノースプレッド口座と他社の比較一覧

こちらは、GEMFOREXのノースプレッド口座に相当する口座とのスプレッド比較表です。

通貨ペア GEMFOREX
(ノースプレッド口座)
XM
(ゼロ口座)
AXIORY
(ナノ口座)
IS6FX
(プロ口座)
取引
手数料
無料 1.0pips 0.6pips 無料
USD/JPY 0.3pips 1.1pips 1.2pips 0.8pips
EUR/JPY 0.5pips 1.4pips 1.1pips 1.1pips
GBP/JPY 1.0pips 2.2pips 2.7pips 1.5pips
AUD/JPY 0.6pips 1.2pips 1.5pips 1.4pips
CAD/JPY 1.2pips 1.4pips 4.2pips 1.4pips
EUR/USD 0.3pips 1.1pips 0.7pips 0.7pips
GBP/USD 1.3pips 1.3pips 1.8pips 1.1pips
AUD/USD 0.3pips 2.2pips 2.1pips 1.0pips

※上記4つのFX業者の口座は変動スプレッドのためすべて平均値を算出しています

GEMFOREXのノースプレッド口座は、海外FXの中でも断トツの狭さであることが上の表から分かります。

GEMFOREXはXMやAXIORYと違い取引手数料がかからないので、実質のコストはスプレッドのみ。余分な計算をしなくとも、MT4に表示されるスプレッドだけで直感的に取引ができます。

それでは、私が7年間GEMFOREXを使い続けてきたことで分かったGEMFOREXのスプレッドの極意を詳しく見ていきましょう。

GEMFOREXのスプレッドが広がるタイミング

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドが開くタイミング
GEMFOREXでは変動スプレッドを採用しています。

スプレッドの拡大で思わぬ損失を発生させないためにもスプレッドが広がりやすい時間帯や時期をあらかじめ知っておくことが重要です。

主には、次の3つのタイミングではスプレッドが広がりやすくなります。

それぞれ詳しく解説していきます。

1.主要な市場が閉まっている時間&期間

早朝など取引参加者が著しく減る時間帯や、年末年始など主要市場が閉まる時期・時間帯にはスプレッドが広がりやすい傾向があります。

スプレッドが広がるタイミング
  • 年末年始
  • ゴールデンウィーク
  • クリスマス
  • 週末
  • 早朝(2:00〜6:30)

特に週末・早朝の時間帯は、多くのFXトレーダーがポジションを整理して取引量が落ちるためスプレッドが広がりやすくなります。

実際にどれぐらいスプレッドが広がるのか、GEMFOREXの通常時と週末のMT4の値を見比べてみましょう。

【通常時のスプレッド】

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の通常時のノースプレッド口座のスプレッド

【週末のスプレッド】

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の週明けのノースプレッド口座のスプレッド

通常時のUSD/JPYのスプレッドは3に対し、週末では57とその差は54にまで広がります。

取引する時間帯によって、スプレッドが大きく広がることを理解しておいた方がいいですね。

対策としては、初心者は早朝時や休日に取引を行わないことをオススメします。

もし早朝や休日明けまでポジションを持ち越す場合は、強制ロスカットに備えてあらかじめ損切りラインを設定しておくと良いでしょう!

2.経済指標発表前後

経済指標発表前後はスプレッドが広がりやすくなります。注目しておくべき主な経済指標は、次の3つです。

主な重要経済指標
  1. 米国雇用統計(毎月第一金曜日)
  2. 米連邦公開市場委員会
    (FOMC)政策金利(年8回)
  3. 欧州中央銀行
    (ECB)政策金利(月1回)

特に米国雇用統計は全世界のFXトレーダーが注目する重要経済指標です。毎月第一金曜日の日本時間の22:30ごろに発表され、この時間帯は特にスプレッドが広がる傾向があります。

経済指標発表前後は急激な為替の動きを恐れて取引を一時中断するトレーダーが増える影響もあり、取引量が減少します。

経済指標発表前後は相場が大きく動くので稼ぎ時ではありますが、相場が読めないうちは取引を控えることをオススメします。

まずは上記にあげた指標を確認しながら相場を予想してみるのも良いかもしれませんね。

3.突発的なイベント時

相場を動かすような政治・経済における大きな出来事が起きると、スプレッドが広がりやすくなります。

当てはまるのは次のようなケースです。

  • 大統領選挙
  • 重要人物の発言
  • 災害時

 

これらの事態は時に大きな利益を生む可能性があるものの、どちらかというとギャンブルトレードの要素が強いです。スプレッドもどう転ぶか分かりません。

事前に分かっていれば取引を避けるのが無難でしょう。

対策としては、不測の事態なので予測するのは難しいですが、取引する通貨ペアの国のニュースだけでも日々チェックしておくことはできるはず。

FXトレーダーとして経済の動向やニュースには日頃から触れておきたいところですね。私もニュースアプリはよく活用しています。

よくある質問

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドに関するよくある質問

最後に、GEMFOREXのスプレッドに関してよくある質問をまとめました。

最近話題のGEMFOERXによるスプレッド操作疑惑に関しても取り上げているので、気になる方はご覧ください。

GEMFOREXはスプレッドを操作している?
2021年1月19日、GEMFOREXのゴールドのスプレッドが異常な広がりを見せたことから、「スプレッドの悪用操作なのでは?」と疑惑の声が上がりました。しかし結論から言うと、その可能性は限りなく0に近いでしょう。理由として、GEMFOREXは誤った価格が配信されたとのことで過去に損失補てんを行なっています。仮にGEMFOREX側による悪用操作だった場合、損失補填を行うメリットがありません。

GEMFOREXは設立から7年。このタイミングでスプレッドの悪用操作をするのであればもっと早いタイミングでしていたのではないでしょうか。

ニュージーランドの金融ライセンスも取得していますし、ライセンスが剥奪されるような怪しい真似はしないでしょう。

なぜ変動スプレッドを採用をしているの?

変動スプレッドを採用する理由は、トレーダーの注文をスムーズに約定できるからでしょう

変動スプレッドは広がるタイミングに注意しなければいけませんが、固定スプレッドより狭く設定されてることが一般的です。

ちなみにGEMFOREXは2019年までドル円のみ固定スプレッドを採用していましたよ!

フラッシュクラッシュなどの場合、スプレッドはどうなるの?

フラッシュクラッシュ(急激な相場の変動時)の時は、変動スプレッドを採用しているGEMFOREXのスプレッドは広がりやすくなります。

そのため取引量が一時的に落ちる年末年始などは、取引を慎重に行った方がいいですね。

ノースプレッド口座って30万円口座に入っていないと使えない?

GEMFOREXのノースプレッド口座は初回入金額が30万円なければ利用できません。

ですが、一度口座に30万円入金していればトレードや出金で口座に30万円なくても利用できますよ。

まとめ

今回はGEMFOREXのスプレッドについて解説してきました。

ド派手なボーナスが使えるオールインワン口座とスプレッドが狭いノースプレッド口座は、トレードの手法や目的に合わせて選んでみるとよいですね。

変動スプレッドの特徴とスプレッドが広がるタイミングに注意し、取引を行っていきましょう。

 

GEMFOREXのもうひとつのメリットである豪華ボーナスの全容を知りたい方には、こちらの記事もおすすめです。

ボーナスをもらうときの注意点のほか、当サイトだけのお得な活用法についても解説しているので合わせてお楽しみください!

Twitterでフォローしよう