【2020年】GEMFOREXの取引時間と気を付けるべきポイント

GEMFOREXの取引時間は以下の通り。(2020年更新)

GEMFOREXの取引時間
  • 日本時間:冬(月曜7:10-土曜6:50)
  • 日本時間:夏(月曜6:10-土曜5:50)

ただし、XAU/USD(金/米ドル)とXAG/USD(銀/米ドル)については、取引開始時間が遅くなるので注意が必要です。

金・銀の取引時間
  • 日本時間:冬(月曜8:05-土曜6:50)
  • 日本時間:夏(月曜7:05-土曜5:50)

ちなみに、取引時間外は発注機能は稼働しないものの、残高・取引履歴等は閲覧できます。

この様に、夏と冬で取引時間が異なる事に注意が必要です。今回はGEMFOREXの取引時間の他にも、海外FX業者の取引時間の違い、取引での注意点などについて見ていきましょう。

気を付けるべきサマータイム

サマータイムによるFX取引時間の変化
FXで取引を行う上で、必ずと言っていいほど注意しなければいけないのがサマータイムです。

日本では導入されそうでされないサマータイムですが、海外では一般的。

国内・海外を問わずFXではサマータイムがありますから、この機会に覚えておきましょう。

サマータイムとは

サマータイム(夏時間)とは、日の出時刻が早まる時期(3月~11月)に、時計の針を1時間進め、太陽の出ている時間帯を有効に利用することを目的として、欧米を中心に導入されています。 ... 太陽光(Daylight)を有効活用(Saving)する時間制度(Time)という意味ですね。
出典:トラベルコ

「夏の間は、太陽が早く出るので取引時間を1時間早めますよ」というシンプルな制度です。

GEMFOREXの取引時間をもう一度見るとわかりますが、夏の方が1時間ずつ早くなっています。

GEMFOREXの取引時間
  • 日本時間:冬(月曜7:10-土曜6:50)
  • 日本時間:夏(月曜6:10-土曜5:50)

ちなみに、夏時間と冬時間の境界は以下の通りです。

夏時間:3月25日午前1時~10月28日午前1時まで
冬時間:10月28日午前1時~3月25日午前1時

しかし、GEMFOREXの夏時間と冬時間の期間は毎年異なります。

その都度、GEMFOREX側からお知らせが来るので確認しておきましょう。

続いては、取引時間を海外FX会社同士で比較していきます。

その他海外FX会社との比較

今回は、海外FX会社5社を比較しましたので参考にしてください。

海外FXの取引時間比較
夏時間 冬時間
開始 終了 開始 終了
GEMFOREX 6:10 5:50 7:10 6:50
XM 6:05 5:50 7:05 6:50
TitanFX 6:04 5:55 7:04 6:55
AXIORY 6:04 5:58 7:04 6:58
Land-FX 6:05 6:00 7:05 7:00

・・・正直、どこも同じですね。

一応、国内のFX会社とも比較しておきましょう。

国内FXの取引時間比較
夏時間 冬時間
開始 終了 開始 終了
DMM(国内) 7:00 5:50 7:00 6:50
くりっく365(国内) 7:10 5:00 7:10 6:00
SBI FX(国内) 7:00 5:30 7:00 6:30
GEMFOREX(海外) 6:10 5:50 7:10 6:50

国内FX会社は、サマータイムの開始時間だけ遅いようです。

裏を返せば、GEMFOREXなどの海外FXは夏時間だけ1時間早く取引を開始する事ができるという事。

夏時間の月曜日の朝6時から取引できるかどうかが大切な人以外には、関係のないは話ですが(笑)

ここまで、GEMFOREXの取引時間と他FX会社の取引時間について見てきました。

一つ注意していただきたいのは、実際に取引するMT4上では、日本時間ではない時間が設定されている事。

そのためMT4上では少し遅れた時間が表示されてしまいます。ややこしくて取引しずらいですよね・・・

簡単な、MT4の時間の設定方法について見ていきましょう。

MT4について、知らない方は以下の記事が参考になります。ぜひ一読ください。

MT4で取引時間を設定する?

取引時間とGMTの設定方法
Mt4は海外のFX会社ではメジャーな取引プラットフォームです。MT4では、売買だけでなく、インジケーターやツールが使えたりします。

実際の画面はこんな感じです。(下図では移動平均線を表示しています)

MT4の取引画面(移動平均線付き)

MT4を入れただけだと、初期設定の時刻が表示されているかと思います。

MT4の取引時間はGMT(グリニッジ標準時)を基準にして設定されているので、GMTを理解すれば時間を変える事ができます。

それでは、GMTについての説明と日本時間を表示させるため導入方法をご紹介していきます。

GMT(グリニッジ標準時)とは

GEMFOREXやXMをはじめとした海外FX会社では取引時間の表記にGMTを使用しています。

このGMTとは何なのでしょうか。

グリニッジ標準時(Greenwich Mean Time, GMT)とは、グリニッジ天文台・グリニッジ子午線(経度0度)における平均太陽時を指す。
出典:Wikipedia

簡単に言うと、イギリスの時間。

イギリスの時間をGMTとし、「GMT+○○」という形で時差を表すのが一般的ですね。アメリカのNYならGMT-5、日本ならGMT+9というように表現します。

GEMFOREXはGMT+3(夏時間はGMT+2)で設定されているのでMT4上には日本時間-6時間(夏時間は-7時間)の時間が表示されてしまいます。

やはり見づらいですよね。

早速、日本時間への直し方を見ていきましょう。

1.「JPN_Time_SubZero」をダウンロード

「JPN_Time_SubZero」というインジケーターをMt4に導入する事で、取引時間の修正を行う事ができます。

まずは、下記リンクから「めたとれなうpろだのページ」へ飛び、ダウンロードしてください。

めたとれなうpろだのダウンロードページ

2.ファイルに挿入する

ダウンロードが終わったら、MT4を起動しましょう。

「ファイル」→「データーフォルダを開く」をクリック。

MT4でデータを開く

続いて、「MQL4」→「Indicators」の順にクリックしてIndicatorsフォルダを開きましょう。

先ほどダウンロードした「JPN_Time_SubZero」を挿入します。2つファイルを開いてドラック&ドロップでも、ファイルを切り取って貼り付けてもどちらでも出来ますよ。

出来たら、MT4を一度閉じて再起動してください。一度閉じないと反映されないので注意が必要です。

3.MT4で設定する

左上の「挿入」→「挿入」→「インディケータ」→「カスタム」→「JPN_Time_SubZero」をクリックします。

MT4へ「JPN_Time_Sub」を挿入する方法

これで、MT4への適応が完了しました。

最後に、GEMFOREXの取引時間について注意すべきポイントについて見ていきます。

GEMFOREXの取引時間で気を付けるポイント

気を付けるポイント
GEMFOREXに限った事ではないのですが、FXは取引時間によって相場状況・情勢は変わってきます。

ここでは、取引時間で気にすると勝率が上がる5つのポイントを見ていきましょう。

1.動きやすい通貨は時間帯によって変わる

Fxは基本的に平日24取引可能です。しかし、24時間同じように取引されている訳ではありません。

取引の多い時間帯・値が動きやすい時間帯など様々です。そして取引時間によって値動きの激しい通貨ぺアがあります。

時間帯別の良く動く通貨
時間帯 良く動く通貨
5:00-7:00 AUD・NZD関連
7:00-15:00 JPY関連
17:00-25:00 EUR・GBP関連
22:00-5:00 USD関連

あなたが狙う通貨ペアによって、取引時間を変える事をおすすめします。

特にヨーロッパとアメリカの市場が開いている時間が重なっている時間帯(夏時間21時~翌1時・冬時間22時~翌2時)は、相場の動きが激しくなります。

値動きが激しいので利益を狙う事ができるのも確かですが、損失も大きくなってしまう可能性が高くなります。

初心者のうちは、欧州時間とNY時間の重なる時間帯を避けて取引した方が無難でしょう。

この時間帯も危険ですが、ポジションを持ったまま土日を迎えるのも同じくらい危険です。

2.土日の持ち越しは危険

土日にポジションを持ち越す事も危険ですのでお勧めしません。

GEMFOREXをはじめとする多くの海外FX会社は土日の取引ができないです。

土日の間に、何があってもポジションを手放す事はできません。

どこかの大統領が変な事を発言しても、どんな事故や事件や経済ニュースが起きたとしてもポジションは持ったままです。

土日で損失が膨らめば、月曜日の朝にはマイナスを含んだポジションが残ります。最悪の場合は強制ロスカットにまでなってしまいますから注意が必要です。

土日の前にはポジションを決済するようにしましょう。

4.オセアニア時間での取引は危険?

危険な事ばかりですいません(笑)

オセアニア時間というのは、4:00-15:00の間の事です。

オセアニア時間の中でも、日本でいう所の早朝(4:00-6:00)の間の取引はかなりリスキー。

なぜなら取引量が少ないからです。取引量の少ない時間帯はいくつかの注文で相場が動いてしまう危険性があります。

早朝の取引は危険ですので、初心者の内は避けるようにしましょう。

取引量の多い21:00-1:00は危険、取引量の少ない4:00-6:00も危険と言うと、「じゃあいつ取引すればいいんだ」と言われてしまいそうですね。

初心者がもっとも狙うべき時間はその間の時間帯、欧州時間です。

4.おすすめは欧州時間

「16:00-20:00の欧州時間帯」

これが初心者におすすめする取引の時間帯です。

理由はいくつかあります。

  • 欧州時間に開くロンドン市場は取引量世界2位の取引所
  • 東京市場の6倍の規模で安定した値動きが期待できる
  • 世界の通貨の37%が取引されている
  • アメリカでいう朝なので、米投資家が参加してくる

取引量が多く、値動きがはっきりしているので相場が読みやすいです。

ただし、21時以降(冬時間は22時以降)はNY市場が開かれてしまうので値動きがさらに激しくなってしまいます。

これらの事から、初心者には「16:00-20:00の欧州時間帯」がおすすめです!

5.長期足の確定タイミングに注意

長期足の確定タイミングにも注意が必要です。

日足や4時間足などの長期足が確定するタイミングの前後は、決済・エントリーが多く行われる傾向にあります。

そのため、値動きが激しくなりがちなので注意して取引しましょう。

長期足の確定タイミングの他にも、経済指標発表があるタイミング(米雇用統計など)も値動きは激しくなります。

雇用統計を狙うのであれば参戦するべきですが、無知なまま雇用統計に立ち向かうのは得策とは言えません。

ここまで、取引時間についての注意点について見てきました。

充分な取引時間と、高性能なMT4を使えるGEMFOREXは海外FXの中でもおすすめです。GEMFOREXの評判・口コミ記事も書いているので参考にしてくださいね。

口座開設したい方・公式サイトを見たい方はこちらからどうぞ!

Twitterでフォローしよう

GEMFOREXが人気である理由
・口座開設で2万円ボーナス
・最大レバレッジ1000倍
・ゼロカットで追証なし