【直撃インタビュー】GEMFOREXの金融ライセンス・その他評判について

海外FXの安全性を見る上で大切な指標の一つ、「どの国で金融ライセンスを取得しているのか問題」。

前提として海外のFX会社は、最大レバレッジが25倍以上なので日本のライセンスは取得できません。そのため各海外FX会社は金融ライセンスを取得(XMならセーシェル、AXIORYならベリーズ)しているのですが、、、

GEMFOREXは金融ライセンスを取得していません!!!

なぜなんだ・・・気になった私(管理人)は友人のつてを伝い、GEMFOERXのマネージャーに繋がる事に成功。えぐいほどの熱意と私がGEMFOREXユーザーである事も重なりインタビューの機会を頂きました。

今回は、GEMFOREXマネージャーに問う!金融ライセンス・出金拒否などの評判について独占インタビューをしていきます。

追記:GEMFOREXのニュージーランドライセンス取得について(2019年6月)

GEMFOREXは2019年6月に、ニュージーランドのライセンスを取得しました。

ニュージーランドのライセンスはLand-FXなどの他海外FX会社も取得していますので、信頼度は高め。

今回のインタビューはライセンス所持前の記事ですので、「ライセンス未所持」だと言う前提のもの書かれています。

ライセンス以外についても触れているのでそちらを参考にしていただけたらな、と思います。

それでは早速参りましょう!

GEMFOREXマネージャーに問う!金融ライセンスについて

管理人:ご無沙汰しております!

Tさん:こんにちは

― ゲムフォレックス、最近目立ちますよね。ネットとかツイッターとかでかなり評判があがっているんじゃないですか?

Tさん:おかげ様でありがとうございます。

― 僕はずっとゲム推しできていますから、人気があがってきてとてもうれしいです。顧客対応とかサポートとか、ボーナスとか攻めすぎのサービス(笑)、それがみとめられているんですかね?

Tさん:そうだと嬉しいです。楠さんのサイトみましたよ。当社を検索する数も伸びているようで、うれしい限りです。ただ、正直XMの背中が見えているとおもっていましたが、クスノキさんのデータ(URL)を見て、愕然としました。

― 検索数の事ですね!上位5つのFX会社の検索数を比較するとXMが圧倒的だという事実がありましたね。(紫がXM、青がGEMFOREX)

― 正直XMは桁違いというか、いまのところ太刀打ちできない気がします。

Tさん:いやーXMさんすごいなあ。

― GEMFOREXさんに今回色々と率直に聞いちゃいますが、よいでしょうか?

Tさん:はいお答えできることは何でもやらせていただきます!

早速金融ライセンスに踏み込む

― ありがとうございます。早速ですが聞きづらいところから。金融ライセンスですけど、数年前から取得するする言われていて、まだのようですが・・・

Tさん:はい。その点は多くの方からご指摘を受けている点です。実際各国の当局に問い合わせをし、必要書類の提出などを続けてまいりましたが、ご存知の通り年単位で取得には時間がかかる点、また海外特有の時間のかかり方などありまして、思いのほかてこずってしまっています。

― ライセンスがなくてもユーザーが16万口座(2019年6月当時)ですかね?突破しているということなので、相当数の客がいますよね。金融ライセンスを取得し安全性を高めればますます人気が出ると思うのですが・・

Tさん:耳が痛いです。私たちもこの重要性については社内で最高ランクと考えていますので取得のために最速で動いております。もう少しお待ちください。

― わかりました。ちなみにどういう国のライセンスをとお考えですか?

Tさん:正直バヌアツ、エストニア、ラトビアなど縁があり取得に動いていました。結果的に、まだまだ時間がかかりそうなので違う国でトライをしているところです。

― 私の個人的な考えでは、金融ライセンスの有無って、顧客資金の安全性に直結していないし、結局ユーザーが多いところはDDでもNDDでも流動性があるので健全な営業ができている、と思うのですがその点はいかがですか?

Tさん:なんとも率直なご意見ありがとうございます。その通りだとは思いますが、私どもの立場としては、ライセンスがあればそれだけで安心だという潜在的なお客様の存在を理解していますので、取得していこうと考えています。

― わかりました!待ちます(笑)

管理人の一言

GEMFOREX側も、金融ライセンスの重要さは意識しており獲得に向けて動いているようでした。

金融ライセンスを所持していたからと言って顧客資金の安全性に直結するわけではない事を管理人自身も認識している。(スイスフランショックでアルパリUKという海外FX会社が倒産。顧客の全ポジションが強制決済されてしまった事は2015年当時衝撃的だった。)

それゆえGEMFOREXも焦りを感じているようで、数年以内に金融ライセンスを獲得する予定らしい。私としてもかなり期待はしている(笑)

ここからは、GEMFOREXの気になる評判についてのインタビューも合わせてみていきましょう。

GEMFOREXその他の評判についてインタビュー

まずは、出金拒否の噂に切り込む

― 次に、出金拒否や約定拒否の話題が海外FX業者にはついて回ると思いますが、この点ぶっちゃけいかがでしょうか?

Tさん:これは誤解のないようにお願いしたいのですが、当社は一切、恣意性のある出金拒否や約定拒否は行っていませんしスプレッド狩りもしたことはありません。

― ではTwitterなどで上がる声は嘘なんでしょうか。

Tさん:嘘と申しますか・・・これは公式サイトでも記載しておりますが、私どもが過去に出金を拒否した事実はございます。しかしこれはトレードを行うにあたって規約違反があったためでした。この該当者の方がツイートしているのならそれは嘘ではありませんが、他のケースは私どもではわかりませんね。

― なるほど、いろんなスタンスがありますね。じゃ話題をさらに変えます。
海外FX業者は無数にあり、中には詐欺業者みたいなものから、優良企業まで存在しています。見分け方みたいなものは、どのように考えたらよいのでしょうか?

Tさん:そうですね。まず現在有名な海外FX業者でも半分以上はホワイトラベル(他社のシステムを利用し、ラベルだけを張り替えたOEM型FX業者)です。オリジナルでシステムやインフラを整えている海外FX業者はとても少ないです。

補足:OEM型FX業者
…オリジナルのFX会社にシステム・インフラを委託し、外側のブランドだけ自社のものとして、売り出すFX業者の事。

― 本当ですか???

Tさん:はい、もちろんXMやGEMFOREXはオリジナルですが、ネットでよく人気があり、優良企業とされている●●社や●●社などは全部ホワイトラベルですよ。

― ええ!そうなんですか。

Tさん:はい、そうです。それだけオリジナルで運営するというのは手間がかかりますし、かかえるエンジニアの量も半端ではありません。入出金にかかるインフラの整備から、データの取り込みにかかるシステムの開発・・・手前みそですが、当社は優秀なエンジニアがいるため何とかオリジナルで取り組めています。

― なるほど。それは知らなった。まさか○○もホワイトラベルとは・・・どうやって見分ければよいでしょうか?

Tさん:少し手間ですが、モニターを並べてチャートの動きを観察すれば何となくみえてくるものがあります。

― あ、それならすぐできますね!

Tさん:単純なところから言えば、値動きが完全一致するものは、どちらかがオリジナルでもう一方はホワイトラベルでしょう。

― ほうほう。

Tさん:またデータの読み込みを自前でやっているところはそのクセ、若干の遅い早いがどうしても生じます。仮にA社がそういう値動きの特徴があり、B社が完全に同期するように動くようであればホワイトラベルの可能性は高いです。

― なるほど・・・

Tさん:さらにいえば、オリジナルでシステムをつくった海外FX業者の場合、サービス開始当初は通貨ペアなどラインナップは少なめです。実際の運営をしながらデータ取得によるバグや通信障害、サーバーエラーがないかを確認しつつ、徐々に取り扱い商品を増やしていくんです。だからスタートと同時にバリエーション豊富に商品設計しているところなんかは、どこかのホワイトラベルと考えるほうが自然です。

― なるほどー。では●●は?(ここから私の海外FX業者のホワイトラベルかどうかチェックが始めりました・笑。ここはさすがに割愛します)

話は、優良海外FX業者の見極め方へ

Tさん:海外FX業者と一言で言っても今言ったような特徴があるよということを踏まえたうえで、優良かどうかということですが、保全がしっかりされているか、約定スピードがどうか、スプレッドはどれくらい開いているか、固定か変動か、など総合的に見て判断することになると思います。

― そうですよね。私も資金の保全と約定力を見ています。

Tさん:スプレッドがいくら狭くても約定しなければ意味がありませんし、逆に広くてもしっかり約定するのであれば、利用しがいはあります。

― GEMFOREXは徐々にスプレッドを狭め、今は業界でも最高水準の狭さだと思いますが。

Tさん:はい、実は地味にそうです。かつ約定力も高いです。このようなスペックの高さも総合的には評価されているのかなと思います。

― あと入金の反映の速さも個人的にはとっても気に入っています。30分くらいで口座に反映していますよね?

Tさん:はい。ここにも私たちの開発した処理システムが稼働しています。ユーザー様にまたせることなく、最速で反映できるようにしています。公式ページで案内している手順通りに手配してもらえれば素早く口座に反映できるのですが、手順通りじゃない場合は、人手をつかって調整が必要になるため、口座への反映が遅れてしまいます。

― なるほどありがとうございました。では次にボーナスについてですが、GEMFOREXは業界がアっと驚くような特徴のあるキャンペーンを打つことで有名です。この点についても教えてください。

Tさん:はい。基本的にはまずはGEMFOREXを使ってもらわないとはじまりませんので、様々なジャンルで打つキャンペーンなどを日々研究しています。ある程度マーケティング費用とわりきって、予算を多く使うようにしています。

― それだけ儲かっているんでしょうか。

Tさん:いやー(汗)、、とにかく、海外FXをはじめるならば、まずはGEMFOREXで様子をみる、という流れが作れるようにとおもって取り組んでいるのは確かです。実際ユーザー様にとって一番メリットが高いはずと自負しております。是非キャンペーンを積極的にご利用してくださればと考えます。

― 了解です。100%ボーナスなども感覚的には7割方あたるような気がしますが・・・まあこの数字は聞かないでおきますね(笑)他にせっかくの機会なので日本のユーザーに一言ありませんか?

Tさん:出来る限り顧客に満足してもらえるようにサービスを提供していく所存です。私自身もFXトレードが好きですし、是非とも楽しんでほしいなと思います。

― 今日はありがとうございました。

Tさん:ありがとうございました!

管理人の一言パート2

FX歴が12年に及ぶ管理人でも知らない事が多くあるんだなと感心。

GEMFOREXに関して言えば、口座開設ボーナスと100%ボーナスでが魅力的だし、レバレッジ1000倍と狭いスプレッドも優秀との評価を受けている。

インタビューの冒頭でも質問した事だが、やはり金融ライセンスの未取得という大きな課題を残している印象。

GEMFOREXが今後顧客を獲得するのに金融ライセンスは必須だし、取得も時間の問題だという自信を感じたのは確かだったが核心まで迫る事はできなかった。

ここからは、各海外FX会社の金融ライセンスについて見ていきましょう。あなたは、「金融ライセンスを取得していなくても金融ライセンスがあるかの様に振る舞うFX会社」の存在を知っていますか?

海外FXの金融ライセンスは怪しい?

ここからは、海外FXの金融ライセンスについての現状をご紹介していきます。

まずは、各海外FX会社の金融ライセンスについて見ていきましょう。

各海外FX会社の金融ライセンスについて

各海外FX会社の金融ライセンスについての一覧表を作成しました。

金融ライセンス
TitanFX バヌアツ
Land-FX イギリス
AXIORY ベリーズ
XM セーシェル
GEMFOREX ニュージーランド

例えば、Land-Fxという会社はイギリスで金融ライセンスを取得しています。

イギリスの金融ライセンスFCA(英国金融行動監視機構)といえば日本の金融庁のモデルにもなった厳しいところ。

しかしLand-FXは安全なのか?と言うと、そうではありません。

実は、Land-FXの運営会社は3つあり金融ライセンス取得状況が違います。

運営会社 金融ライセンス
LAND-FX UK LTD あり
LAND PRIME LTD なし
LANDFXLTD なし

日本人がLand-FXで口座開設すると、真ん中のLand-PRIME-Ltdという会社になります。

Land-PRIME-Ltdは金融ライセンスを所持していません。

正確にはニュージーランドでライセンスを取得しているのですが、、、NZのライセンスはNZ国外での活動には関与しないライセンスなので、国外で何をしようと関係ありません。

これでは、実質ライセンスなしと同じですよね。

このように、見せかけのライセンスを所持している場合もありますから「金融ライセンス所持=安全」と決めつけるのは尚早かと思います。

もちろん、GEMFOREXは金融ライセンス自体を所持していないのでGEMFOREXの肩を持つ気はありませんが(笑)

金融ライセンスだけでなく総合的に見る

やはり、金融ライセンスだけでなく総合的にみる事が大切です。

例えば信託分別管理。

信託分別管理とは、顧客の資金の保管方法のことで保管方法によって信頼度が変わってきます。

  • 分別管理…「顧客の資金」と「会社の資金」が別々に保管されている
  • 信託保全…「顧客の資金」を信託銀行に保管

これを踏まえて各FX会社の資金管理状況はというと以下の通り。

FX会社 資金の管理方法
TitanFX 資金全額を信託保全(オーストラリア銀行の信託口座に分離管理)
Land-FX 信託保全(顧客資金最大5万ユーロ=約700万円まで補償→ただし日本人は対象外)
AXIORY 資金全額を信託保全(ドイツの銀行の信託口座に分離管理)
XM バークレイズ銀行で分別管理により証拠金は残高ベースで保証
(AGI保険加入により、倒産した場合でも最大100万ドル=約1億円保証)
GEMFOREX 信託保全

各社保全方法は違うものの、基本的に信託保全はしているようです。

GEMFOREXも信託保全はしているので顧客の資金は全額保証されます。

GEMFOREXの運営歴や運営会社、安全性についてさらに知りたい方は以下のページをおすすめいたします。ぜひ見てみて下さいね。

公式サイトはこちらからアクセスできますので参考にしてください。

Twitterでフォローしよう

GEMFOREXが人気である理由
・口座開設で2万円ボーナス
・最大レバレッジ1000倍
・ゼロカットで追証なし