【2022年最新】海外FXのレバレッジ比較!最大レバレッジや計算方法、おすすめ口座

「ハイレバレッジで取引してみたいけど不安」
「本当に危険じゃないの?」

海外FXで取引するとき、こんな疑問が浮かぶかもしれません。

海外FXには最大レバレッジの制限がありません。そのため、FX業者によっては相当なハイレバレッジでも取引できてしまいます。

国内のFXトレーダーからは「海外FX=ハイレバレッジで危険」という意見もよくみるのですが、実は全然そんなことはありません。

ハイレバレッジの魅力は、具体的には次のようなものです。

  • 資金効率が良い
  • ロスカットされづらい
  • 取引の幅が広がる

 
もちろん、正しい資金管理の知識がなければ利益を得られないどころか損失が生じてしまうのは、国内FXだろうと海外FXだろうと同じです。

クスノキ
逆に言うと、上手く使えばFXで稼ぐにはハイレバレッジ一択だということ

この記事では、海外FXのレバレッジを徹底比較し、おすすめの海外FXハイレバ口座をご紹介していきます。

目次

海外FXのレバレッジとは

まずは、海外FXと国内FXのレバレッジの違いについて、比較していきましょう。

海外FXと国内FXを比較
国内FX 海外FX
最大レバレッジ 25倍 制限なし
ゼロカット なし あり
ボーナスト 条件が厳しい 多彩な高額ボーナス

レバレッジ制限がない

国内FXのレバレッジ

皆さんもご存知のとおり、国内FX業者の最大レバレッジは25倍ですね。

一方海外FX業者には、最大レバレッジの制限がありません。

国内FXは日本の金融庁の法律下にあるため、為替法により最大レバレッジに制限を受けています。

一方で、海外FX業者は日本の金融庁のライセンスを取得していません。

  • 国内FX:日本の金融ライセンス取得
  • 海外FX:日本の金融ライセンスなし

 
よって海外FX業者は日本の法律に従う義務がなく、25倍を遥かに超えるハイレバレッジでトレードすることができます。その代わり、海外FXでトラブルがあったときも、金融庁は助けてくれません。

これだけ聞くと、
「海外FXって違法?」
「ハイレバレッジって危険なのでは?」
と思ってしまうかもしれませんが、ご安心ください。

海外FXは日本の金融庁のルール外にあるというだけで、多くの信頼できる海外FX業者は日本以外の国で認可や金融ライセンスを取得しています。

中には詐欺業者のような海外FX業者がない訳ではありませんが、きちんと運営実績や金融ライセンスがある業者を選んでおけば、危ない目に合うことはありません。

ゼロカットにより追証・借金のリスクがない

海外FXのハイレバレッジを安心して利用できるもうひとつの理由が、「ゼロカットシステム」の存在です。

ゼロカットとは、相場の急変動などで万が一自己資金を超える損失が起きた際、口座残高をゼロに戻してもらえるサービスのことです。ゼロカットにより、追証(追加の証拠金)や借金が起きる可能性は限りなく低くなります。

クスノキ
これは海外FX業者独自のサービスで、国内FXにはゼロカットはありません。

もちろん自分で資金管理を徹底することは大前提ですが、利益のみならず損失も拡大しやすいハイレバトレードでは、ゼロカットが大きな助けとなります。

ボーナスキャンペーンが豪華

もうひとつ、海外FXでは、高額なボーナスキャンペーンを提供するFX業者が多数存在します。

たとえば当サイトでもおすすめしているGEMFOREXという海外FX業者は、2万円口座開設ボーナス最大500万円の100%入金ボーナスを毎月開催しています。

国内FXのボーナスキャンペーンは条件が厳しいものや少額のものがほとんどなので、ハイレバレッジと合わせて、自己資金を抑えて取引するには海外FXはぴったりです。

海外FX業者を選ぶときのポイント

続いて、ハイレバレッジの海外FX業者を選ぶときのポイントを見ていきましょう。

クスノキ
最大レバレッジだけで海外FX業者を選んでしまうのはもったいない!

次のポイントをチェックすることで、ハイレバレッジの資金効率を最大限利用することができます。

レバレッジで海外FX業者を選ぶときのポイント
  • 最大レバレッジは海外FX業者によって異なる
  • レバレッジ制限ルールに注意
  • ロスカット水準もチェック

最大レバレッジは海外FX業者によって異なる

レバレッジの格差

まず、海外FXの最大レバレッジは海外FX業者ごとに異なります。

さらに選択する口座タイプによっても最大レバレッジが異なります。

  • STP口座(基本口座)
    最大レバレッジが高いことが多い
  • ECN口座(低スプレッド口座)
    最大レバレッジが低いことが多い

 
どの海外FX業者の、どの口座タイプを選ぶか、というがレバレッジで海外FX業者を選ぶときの最初のポイントです。

各社の最大レバレッジはこの記事の後半で比較していきます。

レバレッジ制限ルールに注意

最大レバレッジだけで、その海外FX業者のレバレッジを判断してはいけません。

理由は、多くの海外FX業者が特定の条件によって最大レバレッジを制限する「レバレッジ制限」のルールを設定しているからです。

海外FXの主なレバレッジ制限
  • 口座残高の金額による制限
  • 取引量による制限
  • 利用する通貨ペアによる制限
  • 取引ツールによる制限

最大レバレッジが高くても、自分の取引量や口座残高によってはレバレッジ制限を受けることがあります。

知らないうちに最大レバレッジが制限されてロスカットされたということがないように、自分が利用する海外FX業者のレバレッジルールを事前にチェックしておきましょう。

ロスカット水準もチェック

レバレッジ重視で海外FX業者を選ぶときは、ロスカット水準も合わせてチェックしておきましょう。

海外FX業者のロスカット水準の平均は、20%~30%が主です。

低いところではiFOREXなど、ロスカット水準0%という海外FX業者もあります。

レバレッジが高くても、ロスカット水準100%の海外FX業者はすぐにロスカットされてしまいがちなので、避けるのが無難でしょう。

海外FXのSTP口座レバレッジ比較

では、いよいよ海外FX業者のレバレッジを比較してみましょう。

まずは、STP口座(基本口座)の最大レバレッジを比較していきます。

こちらの表では、最大レバレッジの高い順に海外FX業者を並べてみました。

海外FX業者
(口座タイプ)
最大レバレッジ ロスカット水準 初回入金額
exness
(スタンダード)
無制限 0% 100円
FBS
(スタンダード)
3000倍 20% 100ドル
TradersTrust
(クラシック)
3000倍 20% 5,000円
FXBeyond
(スタンダード)
1111倍 50% 5,000円
GEMFOREX
(オールインワン)
1000倍 20% 1,000円
FXGT
(スタンダード)
1000倍 20% 0円
IS6FX
(スタンダード)
1000倍 50% 5,000円
MiltonMarkets
(スマート)
1000倍 50% 3,000円
ironFX
(ライブ変動)
1000倍 80% 10,000円
Bigboss
(スタンダード)
999倍 20% 指定なし
XM trading
(スタンダード)
888倍 20% 500円
TitanFX
(スタンダード)
500倍 20% 20,000円
LandFX
(LIVE)
500倍 30% 30,000円
HotForex
(プレミアム)
500倍 20% 5ドル
FXPro
(MT4)
500倍 20% 指定なし
VirtueForex
(スタンダード)
500倍 100% 10,000円
AXIORY
(スタンダード)
400倍 20% 5000円
iFOREX
(エリート)
400倍 0% 10,000円
MyFX Markets
(スタンダード)
400倍 20% 0円
easyMarkets
(スタンダード)
400倍 30% 10,000円
IFC Markets
(マイクロ)
400倍 10% 10万円
Tradeview
(MT4 XLeverage)
400倍 100% 1万円
FXDD
(スタンダード)
200倍 50% 指定なし

海外FXのおすすめハイレバSTP口座4選

では、ハイレバレッジの海外FXおすすめSTP口座(基本口座)5社について、もう少し見ていきましょう。

海外FXおすすめ基本口座とレバレッジ
  • exness:無制限
  • GEMFOREX:1000倍
  • XM trading:888倍
  • FXGT:1000倍

exnessスタンダード口座(レバレッジ無制限)

最大レバレッジ 条件付きで無制限
ロスカット水準 0%
初回入金額 1ドル
通貨ペア数 FX通貨ペア127種類
ボーナスキャンペーン なし

 
exnessは、海外FXで唯一レバレッジ無制限・ロスカット水準0%のFX業者です。

クスノキ
ハイレバレッジというと必ず名前が挙がりますね。

2020年以降から日本語サービスを充実させはじめ、以前よりも使いやすい海外FX業者となってきました。最低入金額も100円~と、気軽に始められます。

豊富なFX通貨ペアの他、株価指数や仮想通貨も用意されています。

以下の条件で、レバレッジを無制限に設定可能です。

レバレッジ無制限の条件
  • 5ロット以上の取引を達成
  • 10回以上の取引を達成
  • 有効証拠金999ドル以下を維持
  • MT4を利用(MT5はレバレッジ無制限の対象外)

XM tradingスタンダード口座(888倍)

XM Trading

最大レバレッジ 888倍
ロスカット水準 20%
初回入金額 500円
通貨ペア数 57種類
ボーナスキャンペーン ・3,000円口座開設ボーナス
・100%初回入金ボーナス
・20%追加入金ボーナス

 
海外FXの老舗として名高いXM tradingのスタンダード口座では、レバレッジ888倍で取引ができます。

高い信頼性・安全性の面と運営実績があり、信頼できる海外FX業者で取引したい方におすすめです。

豊富なボーナスキャンペーンがあり、初回入金額も500円なので、初心者の方でも始めやすいでしょう。

注意点として、XMはスプレッドが平均より広く、スキャルピングにはあまり向きません。

GEMFOREXオールインワン口座(1000倍)

最大レバレッジ 1000倍
ロスカット水準 20%
初回入金額 1,000円
通貨ペア数 31種類
ボーナスキャンペーン ・2万円口座開設ボーナス
・100%入金ボーナス
・1000%入金ボーナスジャックポット

 
レバレッジ1000倍のGEMFOREXも、初心者の方にまずおすすめしたい海外FX業者です。

特徴は、海外FX業者でも最もボーナスキャンペーンが豪華なこと。

新規口座開設で必ずもらえる2万円口座開設ボーナスを使えば、無料で取引を始めることができます。

他にも最大500万円の100%入金ボーナスや、1000%入金ボーナスジャックポットなど、高額なキャンペーンが目白押しです。

関連記事:GEMFOREX(ゲムフォレックス)レバレッジルールや変更方法を解説

FXGTスタンダード口座(1000倍)

最大レバレッジ 1000倍
ロスカット水準
初回入金額 20%
通貨ペア数 87種類
ボーナスキャンペーン ・3,000円口座開設ボーナス
・初回入金100%ボーナス
・追加入金30%ボーナス

 
FXGTは、仮想通貨に力を入れる新興海外FX業者です。FX通貨ペアに加え、仮想通貨銘柄もレバレッジ1000倍で取引できます。

仮想通貨版GEMFOREXといった感じで、ボーナスキャンペーンも積極的に開催されます。

ストップレベルが広いので、スキャルピングには不向き。ハイレバで一攫千金を狙う海外FX業者と言えるでしょう。

FXGTスタンダード口座では、保有ポジションの取引ボリューム合計によってレバレッジ制限がかかります。

最大レバレッジ メジャー通貨ペア マイナー通貨ペア エキゾチック通貨ペア
1000倍 5ドル〜
10,000ドル
5ドル〜10,000ドル -
500倍 10,000ドル〜
20,000ドル
10,000ドル〜
20,000ドル
5ドル〜
20,000ドル
200倍 20,000ドル
40,000ドル
20,000ドル〜
40,000ドル
20,000ドル〜
40,000ドル
100倍 40,000ドル〜 40,000ドル〜 40,000ドル〜

海外FXのECN口座レバレッジ比較

続いては、ECN口座(低スプレッド口座)の最大レバレッジ・ロスカット水準を見ていきましょう。

海外FX業者
(口座タイプ)
最大レバレッジ ロスカット水準
exness
(ロースプレッド)
無制限 0%
FBS
(ゼロスプレッド)
3000倍 20%
GEMFOREX
(ノースプレッド)
1000倍 20%
FXGT
(スタンダード)
1000倍 40%
Bigboss
(プロスプレッド)
999倍 20%
XM trading
(Zero)
500倍 20%
TitanFX
(ブレード)
500倍 20%
HotForex
(プレミアム)
500倍 20%
FXPro
(cTrader)
500倍 30%
MyFX Markets
(プロ)
500倍 20%
TradersTrust
(プロ)
500倍 20%
FXDD
(プレミアム)
500倍 50%
ironFX
(ゼロスプレッド)
500倍 80%
FXBeyond
(ゼロスプレッド)
500倍 50%
AXIORY
(ナノ)
400倍 20%
IS6FX
(プロ)
400倍 50%
easyMarkets
(プレミアム)
400倍 30%
LandFX
(ECN)
200倍 30%
MiltonMarkets
(エリート)
200倍 50%
Tradeview
(ILC)
100倍 100%

ECN口座のレバレッジ比較でも、上位の海外FX業者の顔ぶれはあまり変わりません。

ECN口座の場合はスプレッドや初回入金額がネックになるので、合わせてチェックしておく必要があります。

海外FXのおすすめハイレバECN口座4選

では、ECN口座でもレバレッジが高いおすすめ業者を見ていきましょう。

海外FXおすすめ低スプレッド口座とレバレッジ
  • GEMFOREX:1000倍
  • TitanFX:888倍
  • AXIORY:400倍
  • Tradeview:200倍

GEMFOREXノースプレッド口座(1000倍)

最大レバレッジ 1000倍
ロスカット水準 20%
初回入金額 30万円
取引手数料 無料
USD/JPYスプレッド 0.0pips

GEMFOREXノースプレッド口座は、1000倍のハイレバレッジと低コストを両立した中級者向けの口座タイプです。

スプレッドはUSD/JPY0.0pipsと国内FX業者並みに狭く、かつ取引手数料が無料。そのため海外FX業者の中でも取引コストが抜群に安くなっています。

GEMFOREXの強みであるボーナスや自動売買は使えませんが、裁量トレード用の口座としては、一考の価値があるでしょう。

titanFXブレード口座(500倍)

最大レバレッジ 500倍
ロスカット水準 20%
初回入金額 20,000円
取引手数料 片道3.5ドル
USD/JPYスプレッド 0.1pips~

 
titanFXブレード口座では、口座残高や取引量によるレバレッジ制限がありません。大口の取引・口座残高でも、変わらずレバレッジ500倍で取引することができます。

ボーナスキャンペーンの類は一切ありませんが、徹底したスプレッドの狭さと約定力の高さは唯一無二です。

初回入金額2万円、取引手数料片道3.5ドルというのも、海外FXECN口座の中では比較的取り組みやすいですね。

AXIORYナノスプレッド口座(400倍)

最大レバレッジ 400倍
ロスカット水準 20%
初回入金額 5,000円
取引手数料 片道3ドル
USD/JPYスプレッド 0.2 pips~

 
AXIORYナノスプレッド口座は、最大レバレッジ400倍、ロスカット水準20%の海外FX口座です。

スキャルピングや自動売買、最大ポジション数の制限がないため、自由度が高い大口取引を楽しめるでしょう。

MT4、MT5に加え、スキャルピング特化型取引ツールであるcTraderが利用できます。

レバレッジ制限はありますが、比較的緩やかな制限です。

口座残高 最大レバレッジ
1000万円以上 最大300倍
2,000万円以上 最大200倍

HotForexゼロスプレッド口座(500倍)

最大レバレッジ 500倍
ロスカット水準 20%
初回入金額 20,000円
取引手数料 通貨ペアにより3ドル/4ドル
USD/JPYスプレッド 0.2pips

 
HotForexゼロスプレッド口座は、高い約定力と低スプレッド、豊富な取引銘柄を備えているECN口座です。CFD銘柄や株式銘柄が、他の海外FX業者に比べかなり充実しています。

海外からの評価は軒並み高く、入出金の対応も非常にスムーズです。

非常にハイスペックながら日本円口座が開設できないので、日本人の知名度は低め。USD口座を普段使っている方や、海外FX中級者・上級者の方におすすめしたい玄人向けの口座タイプです。

実効レバレッジの計算方法

ここでは、実際の取引で利用しているレバレッジ倍率、つまり「実効レバレッジ」について解説していきます。

実効レバレッジの計算方法や概念は、FX取引におけるリスク管理をする上でとても重要です。

この章で実効レバレッジについて学び、上手にリスク管理を行えるようになりましょう。

計算に必要な数値は3種類

実効レバレッジの計算に必要な数値は、基本的には以下の3種類です。

実行レバレッジ算出に必要なモノ
  1. 通貨ペアのレート:1通貨いくらかを示す数値
  2. 取引数量:取引ロット数
  3. 有効証拠金:口座内資金と含み損益をあわせた金額

これらの数値は、すべて取引ツールで確認できます。計算する際はメモに書き残すなどして、整理しておきましょう。

ちなみに"有効証拠金"には、海外FXの魅力のひとつでもある各種ボーナスが含まれることもあります。

MEMO
そのボーナスを有効証拠金としてとらえていいかは、"クッション機能の有無"をチェックしましょう。
ほとんどは有効証拠金として利用できるクッション有りボーナスですが、FBSなどが出すクッション無しのボーナスは、証拠金として利用できません

数値・計算式を元に求めてみる

必要な3つの数値が分かったら、以下の計算式に当てはめます。

実効レバレッジ=(通貨ペアのレート×取引量)÷有効証拠金

ためしに、以下のような条件で取引した場合の実効レバレッジを求めてみましょう。

  • 取引する通貨ペア:ドル円
  • 通貨ペアのレート:114.173
  • 取引数量:0.3ロット(3万通貨)
  • 有効証拠金:12万3,000円

⇒実行レバレッジ=(114.173 ×30,000)÷123,000
約28倍

計算によって、この取引例での実効レバレッジは約28倍であることが分かりました。

このように、各種数値・計算式が分かっていれば実効レバレッジを求めるのは簡単なのです。

クロス円以外の実効レバレッジを求めるには一手間必要

実は、上記の計算式は万能ではありません

ドル円などのクロス円通貨ペアでは上記の計算式がそのままお使いいただけます。

その一方ユーロドルのような円が絡まない銘柄では、決済通貨を円換算してから計算する必要があるのです。実際の計算式はこちら。

実効レバレッジ=(通貨ペアのレート×取引量×決済通貨の円換算レート)÷有効証拠金

この計算式を使って、以下の取引の実効レバレッジを求めてみましょう。

  • 取引する通貨ペア:ユーロドル
  • 通貨ペアのレート:1.13175
  • 米ドルの円換算レート:114.173
  • 取引数量:1.13ロット(11万3,000通貨)
  • 有効証拠金:6万円

⇒実効レバレッジ=(1.13175 ×113,000×114.173)÷60,000
=約243(倍)

計算によって、この取引例での実効レバレッジは約243倍であることが分かります。

証拠金維持率から実効レバレッジを確認する方法

実効レバレッジの確認方法は、ここまで見てきたような式に当てはめて算出する以外にもあります。

それが、MT4のターミナル、もしくはMT5ではツールボックスから大まかな実効レバレッジを確認するというもの。

各取引ツールに表示される証拠金維持率は以下のように実効レバレッジと連動しており、証拠金維持率を見るだけで実効レバレッジが分かるのです。

証拠金維持率 実効レバレッジ※1
100% 1000倍
500% 200倍
1,000% 100倍
5,000% 20倍
10,000% 10倍
※1取引口座の最大レバレッジが1000倍の場合です。

最大レバレッジがどんなものであれ、共通して言えるのは「証拠金維持率が低い=実効レバレッジが高い」ということ。

実効レバレッジを計算するのが面倒な方は、証拠金維持率からその取引の安全性を図りましょう。

こちらの記事では海外FXのトレード手法について解説しています。初心者の方は合わせて参考にしてください。

関連記事:海外FXの王道トレード手法とは?現役トレーダーが基礎の基礎から教えます

海外FXのレバレッジに関するよくある質問

最後に、海外FXのレバレッジに関するよくある質問について解説していきたいと思います。

以下の5つの中に気になる項目があれば、青字の箇所をクリックして覗いてみてくださいね。

海外FXの最大レバレッジはいくつですか

最大レバレッジは、各海外FX業者によってさまざまです。

国内FXのような法律による一律の規制が無いため、各業者はライセンスに基づいて最大レバレッジを定められます

海外FXで最大レバレッジが最も高い業者はどこですか

海外FXで最大レバレッジが最も高い業者は、レバレッジ無制限のExnessです。

Exnessに次いで、3000倍のFBSやTradersTrust、1000倍のGEMFOREX・FXGTなどの業者が名を連ねます。

ただしほとんどの海外FX業者で、顧客の資金を守るためのレバレッジ制限が行われているのも事実。

口座資金やロット数の調整をしないと、利用できるレバレッジが制限されてしまうこともあるので気を付けましょう。

海外FXでレバレッジ制限がない業者はどこですか

海外FXでレバレッジ制限がない業者は、TitanFX、iForex、EasyMarketsなどがあります。

ただし、これらのレバレッジは元々他社より低めな点は覚えておきましょう。

海外FXのハイレバは初心者には危険ですか

ハイレバトレードは危険ですが、最大レバレッジが高い業者で取引するのはむしろ安全です。

ハイレバトレードは証拠金に対して大きな金額を扱うため、損失も膨らみやすく危険な取引になります。

その一方で、最大レバレッジが高いと必要証拠金を減り、証拠金維持率を高められるため、初心者にもおすすめです。

FX初心者の方は、ゼロカット付きのハイレバレッジな海外FX業者を利用するといいでしょう。

海外FXでの実効レバレッジ設定方法を教えてください

"実効レバレッジを設定する"ことはもちろん。実効レバレッジを設定した上でポジションを持つこともできません。

なぜなら、実効レバレッジは有効証拠金と取引数量の関係から結果的に決まるものだからです。

実効レバレッジをおさえたい方は、0.01lotなど、各海外FX業者の最低取引量で取引してみましょう。

げむめし管理人情報
     
げむめし管理人クスノキ達也
クスノキ達也
GEMFOREX(ゲムフォレックス)歴8年三児の父。海外FX歴は10年以上。様々なブローカーを渡り歩いてきたが、現在はGEMFOREXのみ利用している。GEMFOREX経営陣との繋がりを持ち、当サイト「げむめし.com」にて他にはない独自情報を発信中。

Twitterでフォローしよう