海外FXの始め方と初心者におすすめの口座|リスクや注意点も紹介

海外FXにはハイレバレッジやボーナスキャンペーンなど、国内FXにはない特典や魅力が数多くあります。

とはいえ、海外FX初心者にとっては、

「海外FXって本当に安全?」
「どうやって始めればいいの?」
「おすすめの海外FX業者はどこ?」

など、疑問や不安もありますよね。

クスノキ
国内FXユーザー間では「海外FXは危険だ!」という意見も多く、なかなか踏み出すのに勇気が要りますからね(笑)

今回は海外FX歴10年以上の私クスノキが、業者選びから初心者向け口座、メリットデメリットまで、海外FXで最適な取引ができるよう徹底的にサポートしていきますよ!

この記事の内容
内容 ページ内の該当箇所にジャンプ
まずは詳しく知りたい 海外FXのメリット・デメリット
おすすめ業者を知りたい 初心者におすすめの海外FX口座
始め方を知りたい 海外FXの始め方

取引前に知るべき3つの注意点

海外FXは、その名の通り海外に拠点を持つFX業者のことです。

海外FXには、以下のような注意点があります。

  1. 海外FX業者は日本金融庁に認められていない
  2. 故意な出金拒否や約定拒否を行う業者が存在する
  3. 国内FXよりも税金が高くなる場合がある

 
初心者の方にとってはちょっと不安な言葉が並んでいますよね。

ですが海外FXはまったく違法ではありませんし、危険と言われるのは「海外旅行の危険」と同じようなニュアンスです。

必要な注意を心掛ければ、安全かつ国内FXよりも効果的に投資を行うことができます。

クスノキ
詳しく解説していくので安心してください!(笑)

海外FX業者は日本金融庁に認められていない

ほとんどの海外FX業者は、日本の金融庁の金融ライセンスを取得していません。

その理由は、日本の金融庁に登録するとFX業者は以下の規制を受けるからです。

国内FX業者の規制
  • レバレッジは最大25倍まで
  • 損失補填禁止(ゼロカットなし)
  • 証拠金を代替するようなボーナスを提供してはいけない

海外FX業者は日本の金融庁に登録をしていないためこれらの規制を守る必要がありません。

そのため、ハイレバレッジやボーナスキャンペーン、損失による追証(借金)が発生しないゼロカットなどのメリットをトレーダーに提供できているという訳なんですね。

MEMO
当サイトでおすすめしているGEMFOREX(ゲムフォレックス)という海外FX業者も、最大レバレッジ1000倍や、未入金でもFX取引を開始できるボーナスが用意されています。

関連記事:GEMFOREXの入金ボーナスと口座開設ボーナスの最適な受け取り方

そして日本に国内における海外FX業者や、日本人が海外FX業者を介して投資を行うこと自体には、違法性はありません。

金融庁のホームページにも、以下の文言があります。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。
引用元:外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制|金融庁

つまり、海外FX業者が日本に住んでいる人に向けて営業する行為(「勧誘」及び「勧誘に類する行為」)が禁止されているということです。

海外FX業者の日本語サイトを見てみると、「このサイトは日本国内居住者向けに公開しているものではありません」といった文言が確認できるかと思います。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)公式サイト

レバレッジやボーナス規制を受けないために、海外FX業者は体裁としては「海外に住む日本人に向けて」という形で運営を行っています。

ただ日本の金融庁のライセンスを取得していないから危険、という訳ではありません。優良な運営を行っている海外FX業者は日本以外の国で金融ライセンスを取得し、監査なども受けています。

ライセンスを取得していない海外FX業者では、資金の持ち逃げや理不尽な出金拒否が起きる可能性もゼロではないので、安全性が心配な方はライセンスの有無を確認するとよいでしょう。

クスノキ
一部ライセンスを取得していない海外FX業者も存在していますので、しっかり確認しましょう。

また、自己資金以上の損失が生じた場合、口座残高をマイナスからゼロに戻してもらえる「ゼロカット」も海外FX独自のサービスです。

ハイレバレッジを基本とする海外FXでは、リスクを抑えるためにゼロカットは必須であり、追証(追加の証拠金、FXによる借金)のリスクは国内FXの方がむしろ高いといえます。

日本の金融庁に登録することによって、海外FX特有のサービス提供ができなくなってしまうからこそ、海外FX業者はあえて金融庁に登録を行っていないのです。

故意な出金拒否や約定拒否を行う業者が存在する

日本の金融庁から監督を受けないことでサービスの幅が広がる一方、故意な出金拒否や約定拒否を行う業者が存在するのも事実です。

とはいえ、このような悪質業者は一部であって、ほとんどの海外FX業者では誠実な運営を行っていますのでご安心を。

しかし一部の悪質な海外FX業者を避けるためにも、業者選びはしっかり行わなければいけませんね。業者選びの際は、以下の点をチェックしてみてください。

海外FXの安全性チェックポイント
  • 信頼できる金融ライセンスを取得しているか?
  • 過去に出金拒否や出金遅延を起こしていないか?
  • 十分な数のユーザーがいるか?
  • カスタマーサポートの返答は早いか?

国内FXよりも税金が高くなる場合がある

国内FXと海外FXでは税金の扱いが異なります。

どちらがお得かは状況により異なりますが、利益額によっては海外FXの方が税金が高くなることがあります。

  • 国内FX:「申告分離課税」として税率は一律20%(2037年までは復興特別所得税が加わり20.315%)
  • 海外FX:「総合課税」として住民税が一律10%、所得税は所得に応じて5%から45%までの累進課税

国内FXは、所得に関わらず「所得税15%、復興特別所得税0.315%、地方税5%、計20.315%」の固定税率です。

一方海外FXでは、所得税は「所得に応じて5%から45%まで7段階の累進課税」となります。

クスノキ
簡単にいうと、FX利益と合算した所得が増えれば増えるほど税金がかかるのが海外FX、ということですね。

従って、海外FXで大きな利益が見込まれるときは、税金に注意する必要があります。

MEMO
海外FXによる利益がある方は、確定申告を忘れずに行いましょう。

関連記事:GEMFOREXで得た利益の確定申告方法を徹底解説。税金を賢く抑えよう

FX業者と取引口座の選び方を解説

では、当サイトおすすめのFX業者と取引口座の選び方を解説していきましょう。

あなたがFX業者の何を重視するかによって選び方は異なってくるのですが、海外FXが初めての方は特に以下の2つのポイントを重視してください。

  1. 海外FX業者の安全性
  2. 口座の取引スペック

海外FX業者の安全性を重視する場合

海外FX業者の安全性を重視する場合は、以下の4つの点を確認しましょう。

  1. 金融ライセンスの有無
  2. 信託保全と分別管理の有無
  3. 過去に故意な出金拒否がないか
  4. 日本語サポートが充実しているか

1.金融ライセンスの有無

海外FX業者の安全性でまず指標となるのが、金融ライセンスの有無です。

金融ライセンスの種類にもよりますが、基本的にはライセンスを取得するための審査があり、取得後も運営体制についての監査が行われます。

そのため、金融ライセンスを取得している海外FX業者は、主に次の点を第三者からチェックされることになります。

  • 取引環境
  • 運営の資金基盤
  • コンプライアンス
  • リスク管理体制
  • 資金管理体制

金融ライセンスを取得している海外FX業者は、運営体制については一定の信頼がおけると考えてよいでしょう。

とはいえ金融ライセンスも比較的簡単に取得できるものから、厳しい審査基準をクリアしなければ取得できないものまで様々です。

海外FXの安全性は、金融ライセンスの有無も含めて総合的に判断する必要があります。

信託保全と分別管理の有無

海外FX業者が採用する顧客資金の管理方法には、大きく分けて「信託保全」と「分別管理」の2つがあります。

この2つの違いは、海外FX業者が倒産するといった万が一の事態が起こったときに、顧客資金の返還に法的拘束力があるかどうかです。

海外FXの資金管理方法の違い

分別管理は、海外FX業者の運営資金と顧客(トレーダー)の資金は別々に管理されますが、万が一の時に顧客資金を返還する義務はありません。

信託保全では、顧客の資金は信託銀行に保管されるため、海外FX業者が補償を行えない場合でも信託銀行が顧客資金を返還してくれます。第三者による監査が行われるのも、こちらの資金管理方法です。

クスノキ
より安全な資金管理方法は、信託保全です。

しかし残念ながら、国内FXは信託保全を義務としているのに対し、海外FX業者はほとんどが分別管理です。

運営歴が長く顧客数が多い海外業者も増えてきているので、必ずしも信託保全がないから危険とは言い切れませんが、心配な方は国内FXにするか、有事の際の資金保証義務を明記している海外FX業者を選びましょう。

ちなみに大手では、XM、TitanFX、FXProといった海外FX業者が信託保全を行っています。

過去に故意な出金拒否がないか

出金拒否の事実や噂は海外FX業者にとって不利に働くため、海外FX業者は通常、出金対応にかなり気を使っています。

しかし一部の悪質な海外FX業者が理不尽な出金拒否を行うケースも存在します。金融ライセンスの有無や資金管理方法とも合わせて、海外FX業者の安全性を判断すると良いでしょう。

ただ中には負けた腹いせに悪評を書くトレーダーもいるため、以下のような自己防衛策も講じておきましょう。

海外FXで出金拒否されないために
  • 各FX業者の禁止事項・取引規約を確認する
  • 出金条件を確認する
  • 利益はこまめに出金しておく

海外FXで事例が多いのは、トレーダー側の規約違反による出金拒否です。

取引Lotの制限や両建てなど、うっかり禁止事項に違反してしまうこともあるので、取引の前に取引規約を読み込んでおくことをおすすめします。

また、トラブル防止のために利益はこまめに出金しておくようにしましょう。

MEMO
ちなみにGEMFOREXは、過去に4回の出金拒否を行いましたが、そのうちGEMFOREX側に非のある出金拒否については補填を行っていることを公表しています。

関連記事:GEMFOREXで出金拒否?噂の真相から原因と対処法まで徹底解説!

日本語サポートが充実しているか

海外FX業者を選ぶ際には、日本語サポートの充実度にも注意する必要があります。

トラブルが起きた際、日本語によるサポートは欠かせません。日本語サポートがなければトラブル解決のハードルは一気に上がってしまいます。

日本語サポートのチェックポイント
  • 公式サイトの日本語は分かりやすいか?
  • 日本語対応可能なサポート先が明記されているか?
  • 問い合わせに対する返答は分かりやすいか?
  • 日本人の利用者数は多いか?

海外FX業者で対応可能な日本語サポート方法には、通常メールやチャットが用意されています。

事前にメールやチャットによる日本語サポートがあるかどうかを確認しておきましょう。

口座の取引スペックを重視する場合

海外FX業者の取引スペックは、業者によってさまざまな特色、注力ポイントがあります。

海外FX業者選びの目安としては、次の5つの点を確認しましょう。

  1. 約定力と約定スピード
  2. スプレッドと取引手数料の低さ
  3. ボーナスキャンペーンの内容
  4. 取り扱い商品の多さ
  5. レバレッジの高さ

①約定力と約定スピード

関係するトレード手法 短期トレード
ポイント 小さな利確を繰り返す取引では、注文通りに約定が通るかどうかが重要

約定力とは、注文した価格で注文を成立させる力のことを指します。約定力は注文を約定させるための総合力のようなもので、約定力が高い海外FX業者ほど狙った価格で注文が通りやすくなります。

トレード1回あたりのズレは小さなものですが、何回も取引を行う短期トレードの場合、価格のズレはトータルコストとして積み上がっていきます。

クスノキ
コストを抑えるためにも海外FX業者には高い約定力が望まれます。

またFXトレードでは価格は常に変動しているため、約定スピードは短い方が有利です。注文から約定までの処理にかかる時間が長くなるほど、注文した価格と約定した価格の間にズレが生じるからです。

約定力・約定スピードは、海外FX業者によっては公式サイトに記載があることもありますが、取引環境や通貨ペアによっても異なるので、実際の取引で試してみることをおすすめします。

②スプレッドと取引手数料の低さ

関係するトレード手法 スキャルピング
ポイント 取引回数がかさむスキャルピングでは、スプレッドや取引手数料はできるだけ安く抑えたい

海外FXでは、取引コストとして「スプレッド」と「取引手数料」という2種類の手数料がかかります。

  • スプレッド:海外FX各社、通貨ペアごとに設定されている
  • 取引手数料:往復1Lotごとに必要な手数料。海外FX業者では、低スプレッド口座で請求されることが多い

取引回数が多いスキャルピングなどのトレードでは、スプレッドが狭いほど手にする利益も大きくなります。スプレッドは、通貨ペアの種類、取引時間帯、海外FX業者によっても異なります。

取引手数料については、多くの海外FX業者は通常口座と低スプレッド口座を用意しており、低スプレッド口座の方で取引手数料がかかるというケースが主です。

海外FXでは、通貨ペアごとに異なるスプレッドと往復手数料を合計して「取引手数料」と呼んでいます。

MEMO
GEMFOREXのノースプレッド口座では、ドル円0.0pips~というかなり狭い水準のスプレッドと共に、取引手数料ゼロを実現しています。

関連記事:GEMFOREXのノースプレッド口座ってどうなの?低スプレッドの実態を暴く

③ボーナスキャンペーンの内容

関係するトレード手法 ・未入金でトレードを試してみたい
・自己資金を抑えてお得に取引したい
ポイント 海外FX業者によって、ボーナスの有無・金額・キャンペーン頻度が異なる

海外FX業者最大のメリットといえるのが、豪華なボーナスキャンペーンです。ボーナスキャンペーンを利用すれば、自己資金ゼロでトレードを開始することも可能です!

クスノキ
一般的な口座開設ボーナスや入金ボーナスのほか、豪華賞品のプレゼントや取引ごとに貯まるポイント制度など、海外FX各社が工夫を凝らしています。

ボーナスを利用した海外FX取引は、リスクなしで実際のトレードを試したり、証拠金額を増やしより大胆なトレードに挑戦できるといったメリットがあります。

証拠金として利用できるボーナスは国内FXでは禁止されているので、海外FXならではの魅力と言えますね。

④取り扱い商品の多さ

関係するトレード手法 ・スワップポイント狙い
・マイナー通貨トレード
ポイント 海外FX初心者には主要通貨ペアが揃っていれば十分な場合も

海外FX業者では、FX通貨ペアはもちろんのこと、原油や株価指数、貴金属、仮想通貨など様々な銘柄の取引も可能です。

国内FXと比較すると取扱い銘柄は多く、幅広い商品に投資することができます。

クスノキ
海外FX中級者、上級者の方には取引銘柄数の多いXMやiForexなどがおすすめです。

初心者の方であれば、主要な通貨ペアが揃っていれば十分です。その他のトレードスペックの好みとも合わせてご判断ください。

⑤レバレッジの高さ

関係するトレード手法 ・少額投資したい
・ロスカットリスクを抑えたい
ポイント 最大レバレッジは高いほど、実効レバレッジが低いほどロスカットされづらい

海外FX業者の大きな魅力である、ハイレバレッジ。高いレバレッジを利用することで少ない資金でも大きな資金を運用することが可能です。

国内FXでは最大レバレッジが25倍までに限定されていますが、海外FXでは低くてもレバレッジ400倍~と、国内とは比較にならないハイレバレッジで取引できます。

クスノキ
海外FX業者によっては、GEMFOREXのレバレッジ5000倍口座、IS6FXのレバレッジ6000倍口座など、口座数限定で超ハイレバ口座が提供されますね。

ハイレバトレードは、大きな利益を手にするだけではなく、ロスカットリスクを抑えながらFX取引を楽しみたい方にも有利です。

レバレッジを判断するときは、最大レバレッジに加え、ロスカット水準、口座残高によるレバレッジ制限なども合わせてチェックしておきましょう。

海外FX初心者向け口座ランキング

さて、ここまで海外FX業者を選ぶときのポイントについて解説してきました。

これらを押さえた上で、海外FX歴9年になる管理人クスノキによる「初心者向けの海外FX口座」をご紹介していきます。

ベスト3はこのような感じになりました。

海外FX口座初心者向けランキング
  1. 1位 GEMFOREX:オールインワン口座
  2. 2位 XM Trading:スタンダード口座
  3. 3位 AXIORY:スタンダード口座

ランキングの比較基準は以下。

  • ボーナス
  • レバレッジの高さ
  • 取引コスト
  • 会社の安全性
  • 日本語サポート
  • 入出金方法
  • 取引条件

今回ご紹介する海外FX業者のスペックは次のとおりです。

GEMFOREX
オールインワン口座
XM Trading
スタンダード口座
AXIORY
スタンダード口座
ボーナス
キャンペーン
×
最大レバレッジ 1000倍 888倍 400倍
主要通貨の
スプレッド
1.5pips~ 1.6pips~ 1.4pips
安全性
日本語サポート メール、チャット
日本人スタッフ在籍
メール、チャット
日本人スタッフ在籍
メール、チャット
日本人スタッフ在籍は不明
スキャルピング
両建て

それぞれの海外FX業者のおすすめ理由も解説していきます。

まずは、第1位に選んだGEMFOREXオールインワン口座から見ていきましょう。

1位 GEMFOREXオールインワン口座

GEMFOREXオールインワン口座

GEMFOREXのポイント
  • レバレッジ1000倍
  • 高額ボーナスキャンペーン連発
  • スプレッドは平均的
  • 無料自動売買サービスあり

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は日本人に特に人気のある海外FX業者です。

オールインワン口座限定で豪華なボーナスキャンペーンを頻繁に開催しており、特に入金額の倍の証拠金でトレードできる100%入金ボーナスが注目されています。

クスノキ
入金ボーナス開催時はSNSや2ちゃんねるもかなり盛り上がっていますね。

また最大1000倍のハイレバレッジに加え、自動売買・スキャルピング・同一口座両建ても可能と自由度のかなり高いFX口座です。

設立8年を迎え、国内外でFX業者として様々な賞を受賞しているので、信頼性の面でも高く評価できます。

初回限定で未入金で獲得できる口座開設ボーナスを獲得できるので、まずは無料でお試しください。

2位 XM Tradingスタンダード口座

XMスタンダード口座

XM Tradingのポイント
  • レバレッジ888倍
  • 老舗海外FX業者として抜群の安定感
  • スプレッドは広め
  • XM独自のポイント制度あり
  • 取り扱い銘柄数が多い

海外FXでは必ず名前が上がるXM(エックスエム)は、言わずと知れた老舗企業です。複数の国で金融ライセンスを取得しており、安全性・信頼性は折り紙つきでしょう。

ボーナスキャンペーンはGEMFOREXに比べるとやや劣るため、2位としました。

高い約定力や豊富なCFD銘柄が魅力で、海外FX中級者・上級者でも十分満足できる取引スペックとなっています。

スプレッドがやや広いのですが、XMポイントという独自のポイントサービスがあり、XMでの取引期間が長いほどお得にトレードができます。

3位 AXIORYスタンダード口座

AXIORYスタンダード口座

AXIORY(アキシオリー)は、低スプレッドの海外FX業者を求めている方におすすめです。

業界最狭クラスのスプレッドを提供し、取引方式にはNDDを採用しているため取引における透明性も兼ね備えています。

クスノキ
スキャルピングもOK、ポジション数制限なしと、低スプレッドのメリットを存分に活用できるでしょう。

金融ライセンスはライセンスはベリーズ(IFSC)のマイナーライセンスであるため、ライセンスの信頼性は高くありません。ただAxioryでは独自に上限なしの全額信託保全を採用しているため、顧客資金の安全性は非常に高いです。

加えて、AXIORYでは情報開示に積極的で世界的な監査法人による監査レポートを毎年公表しています。

常時開催のボーナスキャンペーンはありませんが、取引コストを大幅に節約できるため、スキャルピングなどの短期トレードメインの方におすすめです。

海外FXおすすめ業者

クスノキ
私クスノキ達也によるおすすめ海外FX業者ランキングトップ10も合わせてお楽しみください。
関連記事:【2021年最新】おすすめ海外FX業者10社を現役トレーダーがガチ選考

海外FXのメリット5つ

海外FXのメリット・デメリットについて見ていきましょう。まずは海外FXのメリットについて、以下の5つを紹介していきます。

少額で大きな利益を狙える

海外FXではハイレバレッジを利用して、大きな利益を狙うことが可能です。国内FX業者の場合、最大で25倍までのレバレッジでしか取引ができません。

例えば1万円の資金で取引する場合、レバレッジが25倍であれば運用できる資金は25万円までです。ドル円が1ドル=100円のとき1万通貨での取引はできません。

一方で1,000倍のレバレッジを利用して取引できれば、運用資金は1千万円まで膨れ上がります。ドル円が1ドル=100円なら10万通貨での取引が可能です。

 
このように海外FXでは少額資金でもレバレッジを利用することで大きな資金が運用できるため、大きな利益を狙うことができます。

海外FXのレバレッジ分布

反対にリスクも大きくなるため、リスク管理も忘れずに行いましょう。

ほとんどの業者でゼロカットシステム採用

海外FXではほとんどの業者でゼロカットシステムを採用しています。ゼロカットシステムとは口座資金以上の損失が出た場合に、口座資金以上の損失分を業者側で補填してくれる仕組みのことです。

クスノキ
例として、GEMFOREXでは以下の流れでゼロカットが執行されます。

GEMFOREXゼロカット執行の例

海外FX業者では高いレバレッジが利用できるため、損失額も大きくなりがちです。したがって、高いレバレッジ運用をする場合には、ゼロカットシステムが欠かせません。

もし国内FX業者のようにゼロカットシステムが採用されていない状態で口座資金以上の損失が発生した場合、発生した損失分は追加で入金する必要があります。

このような事態に陥らないためにも、ゼロカットシステムが必要なのです。

MT4やMT5などの高機能取引プラットフォームが利用できる

海外FX業者ではMT4やMT5などの高機能取引プラットフォームが取引時に利用可能です。国内FX業者の場合、MT4/MT5を導入していたとしても閲覧のみで取引には利用できないこともあります。

一方海外FX業者ではMT4/MT5を使って取引できるため、迅速な注文や多彩な注文方法を使って取引することが可能です。

MT4とMT5の違い
MT4 MT5
動作 遅い 速い
時間足 9種類 21種類
標準インジケータ 30種類 38種類
版画オブジェクト 31種類 44種類
板情報 なし あり

MT4/MT5はインジケーターを利用したチャート分析を得意とし、インジケーターの種類はカスタムインジケーターを含めると膨大な数にのぼります。

したがって、自分と相性の合うインジケーターを容易に見つけることができるでしょう。

ボーナスやキャンペーンが充実している

海外FX業者では豪華なボーナスやキャンペーンを利用して取引をお得に進めることが可能です。

たとえ資金量が少なくてもボーナスとレバレッジを上手に利用することで、大きな資金を運用できます。

海外FXの主要なボーナスキャンペーン
ボーナス名 内容
口座開設ボーナス 初回の口座開設に対しボーナス獲得
入金ボーナス 入金額に応じてボーナス獲得
キャッシュバック 取引に応じて一定のボーナスが還元

ボーナスとレバレッジを利用すれば運用資金は大きくなり資金効率が高まるため、うまくいけば資金の増加率はかなり高くなるでしょう。

また、お得にボーナスを利用するためにも、ボーナスに関するルール内容を理解しておくことも大切です。ボーナスに関するルールは各業者ごとに異なるルール設定が行われているため、ボーナスルールの確認をしっかり行ってください。

取り扱い銘柄が多く、様々なトレードスタイルで取引可能

海外FX業者では国内FX業者に比べて、FX通貨ペアやCFD銘柄の取り扱い商品のバラエティが多様です。

GEMFOREX XM AXIORY
FX通貨ペア 31種類 57種類 61種類
株式指数 10銘柄 現物:14銘柄
先物:10銘柄
10銘柄
エネルギー 2銘柄 先物:5銘柄 5銘柄
コモディティ なし 先物:8銘柄 なし
貴金属 2銘柄 現物:2銘柄
先物:2銘柄"
5銘柄
個別株: なし なし 78銘柄

取り扱い銘柄の海外FX業者であれば、スプレッドの狭いユーロドルでは取引数量をあげてスキャルピング、一方でスワップポイントが発生する通貨ペアでは取引数量を抑えて、スワップポイント狙いの中長期投資も可能です。

このように、海外FX業者では取扱い銘柄の数が多いため、トレードの幅を広げることができます。

海外FXのデメリット5つ

海外FXにはもちろんデメリットも存在するため、以下の5つを紹介していきます。

取引手数料やスプレッドなどのコストが高い

海外FXは国内FXと比較すると取引手数料やスプレッドなどのコストが高くなります。取引手数料やスプレッドだけを比較すれば、国内FXで取引を行った方が得といえるでしょう。

特に短期トレードにおいて取引手数料やスプレッドは結果に大きな影響を及ぼします。

円口座に対応していない業者がある

海外FX業者の中には円口座に対応していない業者もあるので、注意が必要です。円口座がなければドル建てやユーロ建てで計算されるため、円での損益把握を行いたい場合に面倒になってしまいます。

このような手間を減らすためにも、まずは円口座に対応した海外FX業者を選ぶ方がよいでしょう。

信託保全非対応の業者がある

多くの海外FX業者では信託保全に対応していません。一方で国内FX業者は信託保全が義務化されているため、資金の安全性という面では国内FXのほうが安全性は高いといえるでしょう。

したがって、リスクを最小限に抑えたいという方にとっては、国内FX業者のほうが向いているといえます。

もし海外FXでも資金の安全性を高めたい場合は、分別管理に加えて独自で保険などに加入しているかどうかを確認してください。

また、大きな資金を1つの口座に入れておかないというのも、資金の安全性を高められる方法のひとつです。

入出金の方法が少ない場合がある

海外FX業者が独自に入出金方法を設定しているため、入出金方法が極端に少ない業者も存在します。

また、出金には業者ごとにルールが決められているため、事前に確認しておく必要があるでしょう。

出金ルールの中でも特に覚えておくべきルールとして「入金した方法でしか出金できない」というものがあります。

このルールはほとんどの業者に当てはまるものなので、覚えておくとよいでしょう。

出金には時間と手数料がかかる

海外FX業者で出金するには、時間と手数料がかかる場合があります。

例えばクレジットカードで入金した場合、手数料はかかりませんが入金した金額まではクレジットカードで出金しなければなりません。

クレジットカードの出金は、ショッピング履歴のキャンセルというかたちで出金処理が行われるため、クレジットカード会社によってはキャンセル処理に時間がかかることもあり、場合によっては数か月間かかることもあります。

また、海外銀行送金で出金する場合は中継銀行を介して送金されるため、手数料やリフティングチャージと呼ばれるコストが発生し、送金に要するコストが高くなってしまいます。

海外FXの始め方・必要なもの

海外FXを始めるにあたり必要な書類は以下の3点です。

  • 身分証明書
  • セルフィー画像
  • 住所証明書

口座開設時に以上の書類を提出する必要はありませんが、入出金をする際に必要となります。

海外FXの始め方から利益を出金するまでの流れは6つのステップに分けることができます。

  1. 海外FX業者を選ぶ
  2. 口座を開設する
  3. 口座に入金する
  4. 取引ツールをダウンロードする
  5. 取引を開始する
  6. 利益を出金する

それぞれのステップを見ていきましょう。

1.海外FX業者を選ぶ

海外FX業者の選択基準は2つです。

  1. 海外FX業者の信頼性
  2. 口座の取引スペック

以上の選択基準は総合的に判断する必要があります。判断が難しい場合はこの記事のランキングを参考にしてください。

2.口座を開設する

海外FX業者での口座開設作業は、30秒から1分ほどで完了します。

海外FX業者によっては、ボーナスの獲得に本人確認書類の提出・承認が必要です。

①海外FX業者の公式サイトを開く

口座開設したい海外FX業者の公式サイトを開くと、「口座開設はこちら」や「リアル口座開設」といったボタンが見つかります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)口座開設ボタン
GEMFOREX(ゲムフォレックス)口座開設ボタン

クリックすると口座開設フォームが開きます。

②必要な情報を入力する

氏名とメールアドレスなどを、口座開設フォームに従って入力します。

③個人情報や身分証明書を提出する

入出金やボーナスの獲得には、身分証明書類の提出が必要です。

海外FXで主に必要とされる必要書類は、以下の3点です。

  • 身分証明書
    運転免許証、パスポートなど顔写真と氏名が確認できる書類
  • セルフィー画像
    身分証明書と本人が一緒に写った画像
  • 住所証明書
    水道光熱費の請求書、健康保険証、マイナンバーカードなど現住所が確認できる書類

3.口座に入金する

開設した口座に入金すれば、取引を開始することができます。

口座開設ボーナスがある業者では入金しなくても、すぐに取引を開始することが可能です。

4.取引ツールをダウンロードする

海外FXでトレードを開始するには、PCまたはスマートフォンに取引ツールをダウンロードする必要があります。

最もメジャーな取引ツールはMT4ですが、海外FX業者によっては、MT5やc-Traderのほか、海外FX業者独自の取引ツールが提供されていることもあります。

取引ツールのダウンロードは各業者の公式ホームページ上のリンクから行えます。ダウンロードが完了したらダウンロードファイルをインストールしてください。

5.取引を開始する

口座開設が完了すると、海外FX業者からMT4やMT5にログインするためのID・パスワードが送られてきます。

MT4/MT5を起動したら、IDパスワードを入力し、各海外FX業者のサーバーにログインしてください。

MT4での通貨ペアの表示方法や、注文方法はこちらの記事を参考にしてください。

クスノキ
GEMFOREXのMT4について解説していますが、基本的な操作方法は他の海外FX業者のMT4でも同様です。

6.利益を出金する

取引をして利益が出た場合は、実際に出金をしてみましょう。出金の際は本人確認を済ませておく必要があります。

また、出金には海外FX業者ごとにルールが設定されているので、出金ルールを必ず確認しましょう。

出金時の注意点
  • 出金でボーナスが消滅する業者もある
  • 出金額によって手数料が変わる
  • 出金方法によって反映時間が変わる

また、海外FX業者によっては入金時と同じ方法で出金しなければいけないことがあるので、各FX業者の規約をご確認ください。

海外FXの始め方に関するよくある質問

海外FXを始めるにあたり、よくある質問をまとめています。

海外FXは違法ではないですか
はい、違法ではありません。

海外FX業者の多くは日本の金融庁に登録をしていないだけであって、違法にサービスを行っているわけではありません。

日本の金融庁に登録してしまうと、日本の法律のもとにサービス提供を行う必要がでてきます。

日本の法律にしたがうと、海外FX特有の高レバレッジ取引などのサービス提供ができなくなってしまいます。

ですので、海外FX業者ではあえて日本の金融庁に登録をしていません。日本の金融庁に登録をしていませんが、多くの海外FX業者では海外の金融ライセンスを保持しています。

海外FXで借金のリスクはありますか
多くの海外FX業者がゼロカットシステムを採用しているため、借金(追証)が発生するリスクは低いです。

ゼロカットが執行されると、口座資金以上の損失が発生した場合は業者が補填してくれます。そのため、通常の取引をしている限りリスクは口座資金の範囲内に収まります。

ただ、ゼロカットシステムを悪用した取引を行うなどの規約違反があれば、場合によっては厳しい処分が下されることもあるので注意してください。

海外FXは少額でも取引可能ですか
はい、ほとんどの海外FX業者で少額資金での取引が可能です。

ただ、海外FX業者の中には初回入金額が高額に設定されている業者もあるため、初回入金額が設定されていないか、少額の業者を選ぶ必要があります。

また、口座開設ボーナスを利用すれば、自己資金不要で取引を開始することが可能です。

海外FXで利益が出た場合の確定申告方法がわかりません
FXで利益が出た場合、海外FXと国内FXでは税制が異なります。海外FXは総合課税、国内FXは分離課税が適用されるため、税率も異なります。

確定申告に関する詳しい内容は以下の記事を参照してください。

海外FXの口座開設は時間がかかりますか
海外FXの口座開設にかかる時間は30秒~1分ほどです。

書類に不備がなければ、ほとんどの場合1営業日内に承認され、口座開設が完了します。

げむめし管理人情報
     
げむめし管理人クスノキ達也
クスノキ達也
GEMFOREX(ゲムフォレックス)歴7年三児の父。海外FX歴は10年以上。様々なブローカーを渡り歩いてきたが、現在はGEMFOREXのみ利用している。GEMFOREX経営陣との繋がりを持ち、当サイト「げむめし.com」にて他にはない独自情報を発信中。

Twitterでフォローしよう