GEMFOREXのロスカット水準と証拠金維持率の最新情報をお届け

GEMFOREXのロスカット水準は20%、マージンコールは50%に設定されています。

証拠金維持率が50%を下回りましたらマージンコールをかけさせて頂き、20%を下回った時点で強制ロスカットとさせて頂きます。

公式HPから引用

注意:2018/12/10までロスカット水準は50%でしたが、現在は20%に変更されました。

必要証拠金に対して証拠金(FX口座のお金)が一定以下になった時点でロスカットされますよね。その際の水準の事をロスカット水準といいます。

マージンコールとはアラームの事で、ロスカットに近づいた事実を伝えてくれます。

他の海外FX業者のロスカット水準との比較は以下の通り。

海外FX業者のロスカット水準の比較
マージンコール ロスカット
GEMFOREX 50% 20%
xm 50% 20%
AXIORY 50% 20%
TitanFX 90% 20%

GEMFOREXのロスカット水準はいたって平均的です。

ちなみに、国内の業者(GMOやDMM)だとロスカット水準は50%です。海外FXのほとんどは20%なので、「全体的にロスカット水準は緩め」と言った所でしょうか。

GEMFOREXのロスカット以外の評判・クチコミは以下のページを参考にしてください。


この記事では、ロスカットと証拠金維持率の関係性・ロスカットを防ぐ方法について見ていきます。

まず、ロスカットの基礎の基礎から行きますよ!

ロスカットとは?

ロスカットとは
ロスカットとは、ポジションの損失が一定以上に達した時に、そのポジションを自動的に決済するシステムのこと。投資家の損失拡大を防ぐために取り入れられている制度です。

では、損失がどのくらいまで出たら自動決済されるのでしょうか。

ロスカットのタイミングは証拠金維持率で決まります。

証拠金維持率とは、そのポジションを保つのに必要な資金に対して、あなたの口座のお金はどの程度余裕があるかを表したものです。

証拠金維持率=証拠金/必要証拠金(取引額/最大レバレッジ)×100

上記の式で求める事ができます。GEMFOREXの場合はこの証拠金維持率が20%を切った時点で強制ロスカットが執行されるシステムです。

上の式だけだと少しわかりずらいですよね。

1lot分エントリーした場合で考えてみましょう。

例)ドル/円相場で1lot分を買いエントリーする

1ドル=100円の相場で、1lot分エントリーした場合の証拠金とロスカット水準について見ていきましょう。

補足:海外FXのLot数に注意!
海外FXは取引額が1lot=10万通貨です。
国内FXだと1lot=1万通貨なので、10倍になります。
「かなりの取引量が必要なのでは?」と思いがちですが、海外FXの最低取引単位は0.01lotです。国内の10分の1の取引量でトレード出来るので安心してくださいね。

あなたのFX口座に2万円、取引額が1lot(=10万通貨=10万ドル=1,000万円)の場合の証拠金はいくらかと言うと・・・

先ほどの式に当てはめれば簡単です!

証拠金維持率=証拠金/必要証拠金(取引額/最大レバレッジ)×100でしたね。

この「証拠金維持率=20%の場合に、証拠金はいくらか?」を考えれば良いわけです。

20%=○○万円/必要証拠金(1000万円/1000倍)×100

必要証拠金は1万円、1万円の20%は2000円。つまり証拠金が2000円になった時点で強制ロスカットです。

1万8000円失った時点でロスカット。(2万円-2000円=1万8000円)

100円/ドルで買いエントリーしてたとすると…

1円80銭下落でロスカットなので、100円→98.20円まで下落しなければロスカットにはなりません。

「1円80銭下落がどの程度の物かかわからない・・・」という方のために、国内FXと比較してみましょう!

例)ドル/円相場で1lot分を買い~国内FXと比較~

ロスカット水準とロスカットラインで比較すると違いは一目瞭然。

元手50万円・100円/ドルで1,000万円分の買いエントリーした場合を見ていきましょう。

海外FXと国内Fxをロスカット水準で比較
海外FX
(GEMFOREX)
国内FX
(GMO)
レバレッジ 1000倍 25倍
取引量 1,000万円 1,000万円
元手 50万円 50万円
必要証拠金 1万円 40万円
ロスカット水準 2,000円(20%) 20,000円(50%)
いくら下落したらロスカット 4.98円/ドル 3.00円/ドル

国内FXのGMOに比べて、GEMFOREXの方がロスカットまでの余裕があります。

元手2万円入っていれば、「10万通貨の取引ができ、1円80銭下がらない限りロスカットもない」となると十分取引ができますよね。

ちなみにGEMFOREXは現在、口座開設で2万円のボーナスキャンペーン中です。

元手がない方でも充分ねらえますね。

続いて、GEMFOREXでロスカットを防ぐ方法について見ていきましょう。

ロスカットを防ぐ方法

GEMFOREXとロスカットの関係
前のロスカットの説明で証拠金維持率の式を紹介しましたね。

証拠金維持率=証拠金/必要証拠金(取引額/最大レバレッジ)×100

この証拠金維持率を求める式を変形すると、下のような証拠金を求める式になります。

証拠金=証拠金維持率×必要証拠金(取引額/最大レバレッジ)/100

つまり、証拠金を決めるのは「証拠金維持率」・「取引額」・「最大レバレッジ」の三つだという事。それぞれの関係はどうなるでしょうか?

証拠金が少なくて済むケース
  • 証拠金維持率が低い
  • 取引額が少ない
  • 最大レバレッジが大きい

証拠金維持率と取引額は小さい方が、最大レバレッジは大きい方が、証拠金は少なくて済みますね!

また、GEMFOREXと国内FXの証拠金維持率とレバレッジの比較は以下の通り。

GEMFOREXと国内FXをレバレッジと証拠金維持率で比較
GEMFOREX 国内FX
証拠金維持率 20% 50%
レバレッジ 1000倍 25倍

つまり、GEMFOREXのような最大レバレッジが高いFX業者の方がロスカットリスクは低く出来るという事です。

最大1000倍のレバレッジを誇るGEMFOEXにおいても、ロスカットされる可能性は0ではありません。

ロスカットされにくいとは言ってもロスカットの可能性はあるわけで、それだけは避けたいところ。

この章では、ロスカットされない方法をご紹介します。

低いレバレッジで取引する

一つ目のコツは、低いレバレッジで取引する事です。

先ほど、レバレッジは高い方がロスカットされにくいとお伝えしました。このレバレッジは最大レバレッジのこと。

ここで言うレバレッジは、実行レバレッジのことです。

最大レバレッジとは

かける事が出来る最大レバレッジの事。国内FXで25倍・GEMFOREXは1000倍である。

実行レバレッジとは

実行レバレッジとは…実際にかかっているレバレッジの事。取引額に対する有効証拠金(FX口座内入金額)で求める事ができる。

GEMFOREX口座に100万円入金しており、1000万円分の取引をした場合のレバレッジは以下の通り。

  • 最大レバレッジ:1000倍
  • 実行レバレッジ:10倍

この実行レバレッジを低くすることで、ロスカットリスクは低くなります。

ロスカットは、”レバレッジがこれ以上かけられなくなる前に発動するもの”だと理解していると分かりやすいですよ。

同じポジションをもっていても資金が減った場合は、実行レバレッジが上がってしまいますよね。

取引額 資金量 実行レバレッジ
100万円 20万円 5倍
100万円 10万円 10倍
100万円 5万円 20倍

初めから大きいレバレッジでかけることは、即ちロスカットまでのカウントダウンを早めているようなものです。

特に、レバレッジ取引に慣れていない内は低レバレッジ(1~3倍程度)で十分でしょう。

また、ロスカットを避けるためにはその前に損切り注文(逆指値注文)を入れておく手もあります。

執行タイミングを把握し逆指値注文をしておく

ポジションを持った時点で、必要証拠金・ロスカットラインは決まります。

ロスカットを避けるには、そのロスカットラインより前に損切りラインを入れておけば良いのです。

非常に単純な話ですが、損切り注文をしていない人は意外と多いのが事実です。

  • 「チャートを見続けているから大丈夫」
  • 「スマホでいつでも注文できるから問題ない」

上記の理由で、指値注文を出さない人がいます。

しかし、サーバーダウンや急な上昇・下落も考えられますので「あらかじめ入れておく」ことを癖にしておきましょう。

あらかじめ入れておけば、どんな時でも損切りを発動させることができます。

基本的には「低いレバレッジ」「損切り注文」の二つで十分ですが、最後に「資金追加」と言う荒技をご紹介しておきます。

資金を追加する

個人的には、この方法はおすすめできません。

資金追加は国内FXでは「追証(おいしょう)」と呼ばれており、ご存知の方も多いかと思います。

追証とは、FX口座に追加で入金する事を指します。追加証拠金の略語です。

しかし、この方法はあくまで最終手段。「最終手段」といっても「切り札」とか「奥の手」のように考えてはだめですよ(笑)本来すべきではないという事です。

順を追って説明しますと・・・

  1. 資金を追加する
  2. 全体の資金量(証拠金)が増加する
  3. 証拠金維持率に余裕ができる
  4. ロスカットからは回避できる

という仕組みですね。

あなたの生活費や貯蓄が減ってしまうのでおすすめはしていません。

海外FXの最大の魅力は追証が発生しても、免除(ゼロカット)してくれるというもの。敢えて追証を入金するのはもったいないですからね。

「FXは余剰資金で行う。」これ鉄則です。

まとめ:ロスカット回避法3つ
  • 低レバレッジで取引する
  • 損切り注文をしておく
  • 資金を追加する

上記の3点を守る事でロスカットされる事は、まずないでしょう。安心して取引できますよ。

最後に、GEMFOREXとロスカットについてまとめておきます。

GEMFOREXはロスカットされにくいFX業者

ロスカット以外の魅力
GEMFOREXは「最大レバレッジが高い」「ロスカット水準が低い」ので、そもそもロスカットされにくい業者です。

もちろん、複数ポジションを持ったりlot数を上限一杯まで上げるなどの無理な取引はロスカットされてしまうので気を付けましょう!何でもして良いって訳ではありません(笑)

最後にもう一度復習しておきましょう。

GEMFOREXのロスカット水準は20%、マージンコールは50%です。

そしてGEMFOEXは現在、口座開設で2万円のボーナスキャンペーン中です。

気になる方は公式サイトでチェックして見てくださいね。

Twitterでフォローしよう

GEMFOREXが人気である理由
・口座開設で2万円ボーナス
・最大レバレッジ1000倍
・ゼロカットで追証なし