資金量で変化する最大レバレッジ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)ではEA(自動売買)を利用できますが、その際に必須のツールとなるのがVPSです。

VPS(仮想専用サーバー)を活用することでEAを24時間安全に起動でき、約定力やスキャルピングの精度を上げることができます。

実はGEMFOREXでは条件を満たせばVPSを無料で利用するすることが可能です。

そこで本記事では、無料で利用できるGEMFOREXのVPSの特徴やスペックをまとめ、使い方まで詳しく解説していきます。

GEMFROEXでEAを利用しようと考えている方はぜひチェックしてみてください。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)が提供するVPSの特徴とスペック

gemforex(ゲムフォレックス)のVPSの特徴とスペック
まずはGEMFOREX(ゲムフォレックス)が提供するVPSの特徴とスペックを見ていきます。

なおGEMFOREXのVPSを無料で使うためには一定の条件が設定されていますので、まずはこちらから説明していきますね。

無料で使う条件とは?

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のVPSを無料で利用するためには口座残高50万円以上という条件が設定されています。

なお口座残高については複数の口座(オールインワン口座とノースプレッド口座など)を合算してもOKです。

注意点として、口座開設ボーナスや入金ボーナスはここでは口座残高としてカウントされないため、あくまで「自分が入金したお金」だけが対象となることを覚えておきましょう。

また自分が入金したお金が口座残高の対象となり、含み益や含み損は対象とならないことも注意してください。

では口座残高が50万円未満となればVPSが使用できないのかというと、そうではありません。

口座残高が50万円未満となった場合、月々28ドル(1米ドル=100円で2800円)の料金を支払えばVPSを利用できます。

なお口座残高が50万円未満になった場合のVPSの利用料ですが、振込みではなく口座残高から差し引かれる形となります。

スペックは?

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のVPSのスペックを以下にまとめました。

  • OS:Windows Server 2012
  • CPU:Core 2.4GHz
  • メモリ:1GB

このスペックがどのようなものか簡単に解説していきますね。

VPSを選ぶ際、特に重要な項目がCPUメモリです。

まずCPUですがCentral Processing Unitの略で、パソコンの脳みそだと思ってください。

CPUの性能を左右するのはコアの数です。コアが2つあるものをデュアルコア、4つあるものをクアッドコア、または複数あるものをマルチコアといいます。

コア数が多くなるほど性能は高いということになります。

そしてCPUのスペックを見る上のポイントが「2.4GHz」と記載されたクロック数というものです。クロックとは1秒間に信号を送っている回数で、この数字が大きいほど処理が速く、性能が良くなります。

GEMFOREXのVPSは2.4GHzで、この数字はEAを起動するためには十分なスペックです。

続いてメモリですが、この数字も大きいほど性能は良くなります。GEMFOREXのVPSは1GBとなっており、こちもEAを起動するには問題ない数字でしょう。

以上のことからGEMFOREXのVPSのスペックについては、特に問題なくEAが起動できるレベルといえます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)VPSの評判は?

GEMFOREX(ゲムフォレックス)VPSの評判について
ではGEMFOREX(ゲムフォレックス)でVPSを利用している方の実際の口コミや評判はどうなのでしょうか?

ここではTwitterを中心に見ていきます。

Twitter上では様々な意見が見受けられました。

やはり無料でVPSが使えるという点に多くのユーザーは好感を持っているようです。

ただし実際のスペックに関しては、少し不満を持たれている方も見受けられます。それでも無料でVPSが使用できる(口座残高50万円以上)ことを踏まえれば、少しの我慢は必要かといえます。

このようなツイートを見ると、有料でGEMFOREXのVPSを利用するのは少しもったいない気もしますね。

それでは他にVPSを提供している海外FX業者と比較していきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)と他の海外FX業者と比較

VPSが無料で使用できる海外FX業者はGEMFOREX(ゲムフォレックス)だけではありません。

ここでは無料でVPSを提供する他の海外FX業者と比較してみましょう。

 GEMFOREXXMFBS
無料条件
OSWindows
2012
Windows
2012 R2
Windows
2012 R2
CPUCore 2.4GHzCore
600MHz
Core2
メモリ1GB1.3GB4GB

GEMFOREX以外で無料でVPSを提供している海外FX業者はいくつかありますが、ここではXMとFBSを挙げてみました。

まず上記に挙げた海外FX業者は無料でVPSを提供してくれますが、GEMFOREX同様に条件を設定していることに注意しましょう。

XMの場合は「口座残高が5000ドル(約50万円)以上」、「月に5ロット(50万通貨)以上の取引」の2つの条件があります。

口座残高50万円以上はGEMFOREXと同じですが、加えて月に5ロット以上の取引をしなければ無料でVPSを利用できません。

この点XMはGEMFOREXに比べて無料で利用できる敷居が高くなりますね。

続いてFBSですが「450ドル(約45000円)以上の入金を1回以上実施」、「毎月3ロット以上の取引」の2つの条件が設定されています。

FBSはVPSを申し込んだ時に残高450ドルを満たしていれば、無料で使用する条件は整います。

なおこの条件は最初の1ヶ月だけで、2ヶ月目以降は1ヶ月に3ロット以上の取引を行えば無料でVPSを使い続けることが可能です。

つまりFBSのVPSを無料で利用するためには、申し込み時に450ドル以上の入金を行い、後は毎月3ロット以上の取引を行うだけ。

無料でVPSを利用できる条件はFBSが緩いことがわかります。

では肝心のスペックはどうでしょうか?

GEMFOREXとXMはスペックに大差はありませんが、FBSに関しては少し抜きに出ています。

CPUは2コア、メモリ容量も4GBとGEMFOREXとXMよりもハイスペックです。つまりコストパフォーマンスの良さはFBSに軍配が上がることになります。

しかしFBSのスペックが他の2社よりも優れていますが、EAを起動するためには少しオーバースペックかもしれません。

実際に私もGEMFOREXのVPSでEAを利用していますが、多少の処理速度の遅さはあるにしても特に大きな問題は無い範囲でトレードできています。

有料でGEMFOREXのVPSを利用するのは少しもったいないですが、無料で利用できる分には十分なスペックでしょう。

またVPS選びは上記のスペック以外にも重要な項目がありますので、以下で詳しく説明していきます。

基本はFX業者と同じ場所のVPSにする

VPS選びはFX業者とロケーションを一緒にする
VPS選びの基本は利用している海外FX業者とVPSの会社を同じ場所にすることです。

たとえばVPSを提供する会社が東京で、海外FX業者がロンドンの場合、両者が物理的に離れているため処理速度が遅くなります。

この場合、海外FX業者がロンドンにあればVPSもロンドンにある会社を選択した方がいいでしょう。

特に遅延速度という指標が重要で、これは注文を出してからFX会社が注文を受取り実行するまでの速度を表します。

遅延速度は物理的な距離に比例するので「東京→ロンドン」より「ロンドン→ロンドン」の方が速くなります。

ではGEMFOREX(ゲムフォレックス)はというと、VPSは自社開発ではなくMerric Mirror Hosting社というアメリカのロサンゼルスにある会社から提供してもらっています。

VPSがアメリカ、GEMFOREXがニュージーランドと物理的に離れていますので、遅延速度に多少の劣りはあるかもしれません。

それでもGEMFOREXではMerric Mirror Hosting社と共同で独自開発しており、自動売買を行う際に使いやすいようにしてくれています。

また、日本語にも対応しているため英語ができなくても問題なく利用できますよ。

GEMFOREXの運営会社がもともとgemtradeという会社で自動売買ソフト(EA)を無料で提供しており、150種類以上のEAを無料で利用することもできることを踏まえれば、多少の遅延速度の遅さは許容してもいいかもしれませんね。

利用方法と使い方

GEMFOREX(ゲムフォレックス)VPSの使用方法
では最後にGEMFOREX(ゲムフォレックス)でVPSを利用するための方法を説明していきます。

まずはGEMFOREX(ゲムフォレックス)のマイページにログインを行いましょう。

口座残高が50万円以下の場合は、上記画像が表示されます。口座残高が50万円より多ければ「有料プランで申込」が「無料で申込」と表示されます。

画像の「有料プランで申込」をクリックまたはタップすると、2営業日以内にVPS提供会社であるMERRICK MIRROR HOLDINGS社から利用方法等についてメールで連絡が入ります。

メールが届き、VPS上でMT4を起動させれば自動売買の設定は完了です。GEMFOREXのVPSの利用方法は以上です。

まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のVPSは口座残高50万円以上あれば無料で利用可能です。

無料で利用できることから、多少のスペックの劣りはありますが、EA(自動売買)を起動するためには問題ない範囲でしょう。

また150種類以上の自動売買(EA)を無料で利用でき、EAと相性の良いVPSを提供するなどトレーダー目線であることは評価できます。

なおGEMFOREXのEAに関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、興味がある方は目を通してみてください。

無料でVPSを利用してEAを活用した売買を楽しみましょう。

げむめし管理人情報
     
げむめし管理人クスノキ達也
クスノキ達也
GEMFOREX(ゲムフォレックス)歴7年三児の父。海外FX歴は10年以上。様々なブローカーを渡り歩いてきたが、現在はGEMFOREXのみ利用している。GEMFOREX経営陣との繋がりを持ち、当サイト「げむめし.com」にて他にはない独自情報を発信中。

Twitterでフォローしよう