GEMFOREXのゼロカットシステムとは?追証なしの魅力と魔力

GEMFOREXには、ゼロカットシステムがあります。

ゼロカットシステムとは・・・

大きな損失を出したとしても、"追加証拠金の請求"や"借金"がないサービス

かなり優良サービスですよね(笑)

国内のFX会社では禁止されており(証券取引法)、ゼロカットは海外FX会社特有のシステムです。

今回はGEMFOREXのゼロカットシステムの条件と評判・他の海外FXとの比較について、現役GEMFOREX使いの管理人がご紹介していきます!!

まずはゼロカットシステムについて見ていきましょう。

ゼロカットシステムとは

ゼロカットシステムとは
復習しておきましょう。

ゼロカットシステムとは、海外FX特有のシステム。

FXの取引中にポジションの損失などで、FX口座残高がマイナスになってしまった場合にFX会社が損失分を補てんしてくれるシステムの事です。

つまり、FXで借金を背負う可能性は0。

ハイリスクハイリターンのFXにおいて、リスクを減らすのは大切な事です。

FXの中でも海外FXは特にハイリスクハイリターンな投資ですからね。

ちなみにゼロカットが存在しない国内FXでは、代わりに追証が請求されてしまいます。

追証とは国内FXだけのシステム

追証とは追加証拠金の略。口座残高がマイナスになってしまった場合、ユーザーに損失補填の義務が発生するシステムの事です。

・・・恐ろしいですね。

しかし国内FX会社では、ゼロカットシステムを導入する事は法律で禁止されています。

仕方なく導入している追証システムですが、マイナス分はユーザーが入金しなくてはなりません。

もし手元にない場合、借金をして入金することに・・・

ゼロカットシステムによって借金の不安が全く無くなれば、安心してハイレバに挑戦できます。

ただ「ゼロカットは魅力だ!」と伝えても、実際に使った事が無い方は想像付きにくいかと思います。

ここからは評判と口コミで確認ていきます。

ゼロカットの評判と口コミ

ゼロカットについての評判と口コミについて見ていきましょう。

ゼロカットについては、上記のほかにも色々な口コミがありました。ゼロカットについての考え方は、大きく分けて二通り。

  • トレードは普通にやるが、万が一のためのゼロカット
  • 少額をいれてハイリスクハイリターンの取引をするためのゼロカット

前者は十分な資金と堅実なレバレッジ設定で海外FXに取り組んでいるが、万が一のリスクを回避するために海外FXを選択するタイプ。

後者はややギャンブルチックな取引を好み、少額の入金で一攫千金を狙うために海外FXを選択するタイプ。

どちらのトレーダータイプも海外FXで取引をする魅力になっているのはゼロカットです。

とても魅力的なゼロカットシステムですが、ゼロカットが発動するためには一定の条件があるのをご存知でしょうか?

次の章では、ゼロカット発動の条件について見ていきましょう。

GEMFOREXのゼロカット発動条件

ゼロカットの発動条件とは
この章では、ゼロカットの発動条件を確認しておきましょう。

・・・と言っても、「口座残高がマイナスになったらゼロカット発動!」ってだけなので非常にシンプルですが(笑)

GEMFOREXの公式サイトには以下の記述がありました。

 万が一、証拠金残高(口座残高)がマイナスになってしまった場合、60分以内を目安にボーナス付与分で相殺させて頂くシステムとなっており、ボーナスを受け取っていない方に対しても、60分以内を目安に口座残高を0円にリセットした上で入金額を反映致しますので、追証が発生する事がない為、安心してアクティブなレバレッジ運用を行う事が可能となります。

GEMFOREX公式より引用

つまり、マイナスになってからボーナス付与までの時間が約60分。迅速すぎる対応ですね。

要点をまとめるとこんな感じ。

ゼロカット発動について
  • 口座残高がマイナスにってから60分以内に補填
  • ボーナスがあると、ボーナス分で補填される
  • ボーナスがないと、そのまま補填される

ボーナスのあり・なしに関しては若干分かりずらい所があると思います・・・

そこで、実際にゼロカットされてみました(笑)

では、「GEMFOREXで実際にゼロカットされてみた」(Youtuber風)。ご覧ください。

ゼロカットされてみた。

GEMFOREXでは、口座開設や入金時にボーナスが付与されます。

今回は1万円を入金し、口座開設ボーナスで2万円、入金ボーナスで1万円を受け取りました。計4万円ですね。

ここから資金を減らしていきます(笑)なんとも悲しいですが、ゼロカット検証のためです・・・

MT4の表示では、現金での入金額は残高(Balance)に、ボーナス分の額はクレジット(Credit)に別々に表示される事に注意が必要です。

いくらか失った所で確認してみると、ボーナス分のクレジット(Credit)は無傷、入金した残高(Balance)だけ引かれているのが分かりますね。


元々1万円のプラスだったのが、1万2,771円の損失により、-2,771円と表示されています。ボーナス分の3万円は無傷ですね。

それぞれの単語を、一応補足しておきます。(僕は言語を英語に設定していますが、日本語でも表示する事ができますよ。)

それぞれの項目の説明
  • Balance:残高(現金がここに表示されます)
  • Credit:クレジット(ボーナス分が表示されます)
  • Equity:有効証拠金
  • Free margin:余剰証拠金

・・・キャッシュがマイナスになってしまいましたね。

さあ!ゼロカットよ!あなたの出番だ!遠慮せず補填してくれ・・・


残高(Balance)が―2,771円だったのが、ボーナス分の補てんにより0円になっています。ボーナス分のクレジット(Credit)が3万円から2,771円引かれて2万7,229円に変わっています。

しっかり補てんされていますね。ボーナス分で補填されているのが分かるかと思います。

このままさらに損失を重ねていくと、ボーナスもなくなります。

ボーナスがなくなると、GEMFOREXが補てんしてくれます。

もちろん、補填後は入金しないとボーナスもキャッシュも0ですからポジションはもてません。

これでなんとなくゼロカットについてはご理解頂けたかと思います。

しかし、ゼロカットが適応されない例というのも存在します。

ゼロカットが取り消されてしまう例について見ていきましょう。

ゼロカットが発動しない/取り消される例

ゼロカットが発動しない例

GEMFOREXの公式HPには以下のように記載されていました。

当社では、ボーナスやゼロカットシステムの盲点を利用した悪質な取引を禁止しており、また、利用規約第12条13項14項に基づき、2つの業者(または複数業者)に入金して両建て取引する行為または当社複数口座で両建て取引する行為は禁止させて頂いております。

入金ボーナスを使ったこれらの行為で取引されていたと弊社が判断した場合は、出金申請時のタイミングで損失補填額(ゼロカットステムにて弊社が負担した金額)を差し引いた金額が出金額となります。

GEMFOREX公式より引用

両建てとは、二つ以上の口座で反対のポジションを同時にもつことです。

この両建てを使う事で、ゼロカットシステムの盲点を利用した悪質な取引ができてしまうそうなのですが・・・

ゼロカットの盲点を利用した悪質な取引とは具体的にどういう事なのか、見ていきましょう。

ゼロカットのシステムの盲点とは

ゼロカットシステムの盲点とは、複数口座で両建てする事で利益を出す事ができる裏技のことです。

どのような裏技なのか例を使って見ていきます。

例えば、海外FXで有名なXMとGEMFOREXを使って両建てしたとしましょう。

1ドル=100円の時に、XMで10万通貨の売り・GEMFOREXで10万通貨の買いを仕掛けます。

両建てを利用したゼロカット

反対方向に10万通貨ずつ持っている状態ですね。これが両建てです。

では、さらに見ていきましょう。

各口座に5万円しか入っていない場合。10万通貨=10万ドル=1,000万円ですから、レバレッジは200倍。

ゼロカットまでの猶予は5万円。

この状態で「価格の上下に対する損益はどうなるのか?」見ていきましょう。

まずは0.5円下落した場合。

0.5円下落した場合

0.5円下落した場合の損益
XMでは売りで5万円分、GEMFOREXでは買いで5万円分の注文をしていましたね。

0.5円の下落ですから、XMの売り注文は0.5円×10万通貨=5万円

反対に、GEMFOREXの買い注文は-0.5×10万通貨=-5万円

合わせて0円の損益です。

では。1円下落した場合にどうなるのか見ていきましょう。

1円下落した場合

1円下落した場合の損益
1円下落した場合も同じで、XMでは利益、GEMFOREXでは損失が出ます。

XMの売り注文は1円×10万通貨=10万円。

GEMFOREXの買い注文は-1円×10万通貨=-10万円。

しかし、各口座に入っている金額は5万円。

GEMFOREXの口座ではゼロカットシステムが発動し、損失は元の入金額5万円で済みます。

XMでは+10万円、GEMFOREXでは-5万円。

結果5万円の利益が残ります。

今回は10万通貨で考えましたが、50万通貨だとこの5倍の25万円の利益がでます。

これでは、両建てで利益を出したい放題ですよね(笑)

このようなゼロカットの盲点を突いた取引を禁止している

上記のケースなどの取引をされてしまってはFX会社が一瞬で倒産してしまいます。

そのためGEMFOREXをはじめとした多くの海外FX会社では、「ゼロカットステムの盲点を利用した悪質な取引」を禁止しているのですね。

ゼロカットの他にも、GEMFOREXは禁止している事は多くあります。

利用する前に知っておいて損ははいので、ご紹介しておきましょう。

第12条(利用者の禁止行為)

1.実在しない利用者として利用者登録する行為
2.口座名義人以外の者が利用する行為
3.1つの口座を複数名で利用する行為
4.利用者登録の際、申告事項に虚偽の記載・誤記・または意図して記入漏れの状態で登録する行為
5.ひとつの登録種別につき、同一人物がアカウントを2つ以上持つ行為(ただし当社が特別に認めた場合を除く)
6.故意・過失に関わらず、当社の営業を妨害する行為
7.当社及び委託先企業の著作権その他の権利を侵害する行為
8.当社または第三者を中傷し名誉を傷つけ、不利益をもたらす行為
9.著作権等の知的財産権、肖像権等の人格権、その他法律上の権利ないし保護に値する権利の侵害、あるいは関連する法規に違反する行為
10.第三者のプライバシーを侵害する行為
11.違法または疑わしい活動をする行為
12.当社判断で不適切とみなすトレード行為
13.2つの業者(または複数業者)に入金して、両建て取引する行為(同通貨ペア、相関性の高い通貨ペアも含みます)
14.当社複数口座で両建て取引する行為(同通貨ペア、相関性の高い通貨ペアも含みます)
15.第3者同士が同じタイミングで入金やトレードを繰り返し、同じタイミングで出金する行為
16.提供サービスやシステムの盲点を狙った悪質とみなす取引
17.経済指標時、アメリカ雇用統計発表時ならびに政府や中央銀行介入など相場が急激に変動するタイミングのみを狙った悪質とみなす取引。
18.事前連絡なしで大きなロット数での取引
19.虚偽の連絡先または第三者の連絡先で登録する行為
20.消費者の判断に誤解を与える行為、または消費者の判断から好ましくないと当社が判断する行為
21.準禁治産者、禁治産者のいずれかであり、申込の際に法定代理人の同意等を得ずに登録する行為
22.18歳未満であるのに利用者として登録する行為
23.反社会行為、法令違反行為及び弊社が適宜禁止する行為
24.反社会勢力者、前科者、法令違反者及び弊社が適宜禁止とする者が利用者として登録する行為
GEMFOREXより引用

上記の利用規約内の、13.14.15がゼロカット関連で禁止されている事ですね。

内容を簡単にまとめておきましょう。

禁止されている取引
  • 異業種間の両建て
  • 複数口座の両建て
  • 複数口座の両建て(別名義口座)

この他にも、経済指標時だけの取引、大きなロット数(10lot)を事前申告なしで取引した場合なども利用規約違反とみなされてしまうので注意が必要です。

ややこしい事を言っている様ですが、基本的に一般トレーダーが普通に取引している分にはお咎めはありません。

僕も、普通にトレードして普通に入出金をしていますが何ら問題はなし。

どうやら昔、大量な資金を投入しゼロカットで大勝ちされたり、ゼロカットの裏をつくような集団的犯行があったようで、防ぐための施策がこれらの利用規約です。

特に問題視する必要はないでしょう。

さて、ここで話をGEMFOREXから海外FX全般について広げて考えていきましょう。

先ほどはゼロカットがある海外FX口座としてXMを引き合いに出しましたが、他の海外FX口座に関してもゼロカットシステムはあります。

GEMFOREXのゼロカットシステムは他の海外FX口座に比べて優秀なのでしょうか。

続いては、GEMFOREXとその他海外FX口座のゼロカットシステムの違いについて見ていきます。

他の海外FXとGEMFOREXを比較

口座の種類で比較する
今回ピックアップした海外FX会社は、「GEMFOREX」「XM」「Land-FX」「AXIORY」「TitanFX」の5社です。

ゼロカットの発動条件や執行までの時間に少し差があるので、一覧表に致しました。

取引条件 執行時間
GEMFOREX なし 60分以内
XM 入金 入金時
TitanFX サポートに申請 申請後
Land-Fx サポートに申請 申請後
AXIORY なし 24時以内

すべての会社にゼロカットシステムはあります。

しかし、細かい条件や補填のタイミングが異なりますね。

例えばXMは、追加で入金する事が条件になっています。

追加で入金すると、マイナス分が補填され入金額分プラスになるシステムなようです。

TitanFXとLand-FXはサポートに申請して始めてゼロカットが執行されます。

これらを比較してお分かりいただけると思いますが、GEMFOREXはゼロカットの早さに関してはトップクラス。

もちろん、ゼロカットが早い=口座開設はここにすべき!という理論にはなりませんが、一つのプラス要素として捉えていただければと。

GEMFOREXについて、詳しい評判や口コミについては以下の記事を参考にしてくださいね。

ゼロカットを導入する理由とは?

ゼロカットを導入する理由とは
最後に、海外FXがゼロカットを導入する理由について見ていきましょう。

そもそも海外FXの多くがゼロカットを採用するのでしょうか?理由は主に下の3つでしょう。

海外FXがゼロカットを採用する理由
  • 国内FXとの差別化
  • ハイレバでも取引してもらうため
  • そもそも追証が不可能

一つづつ見ていきます。

国内FXとの差別化

国内F会社は金融商品取引法によって、ゼロカットの禁止が定められています。

運用財産の運用として行つた取引により生じた権利者の損失の全部若しくは一部を補てんし、又は運用財産の運用として行つた取引により生じた権利者の利益に追加するため、当該権利者又は第三者に対し、財産上の利益を提供し、又は第三者に提供させること

金融商品取引法42条より引用

ゼロカットを許可してしまうと、資金力によって損失補てんが可能なFX会社できないFX会社の人気の差が開いてしまいます。

証券会社同士の公平性を保つために、国内FXでは禁止されているのですね。

しかし、金融商品取引法は日本国内の企業でしか適応されません。GEMFOREXなどの海外FX会社には無関係です。

ですから、海外FXをアピールする点の一つとしてゼロカットが使われているのですね。

ハイレバでも取引してもらうため

海外FXの大きな特徴であるハイレバ取引。

国内FXでは最大25倍のレバレッジも、海外FXでは100倍以上が可能です。特にGEMFOREXは1000倍を掲げており国内FXの25倍と比べると雲泥の差。

高い利益を出す事ができるハイレバレッジ取引ですが、ユーザーが損失の怖さで取引を渋る傾向にあります。

「利益も1000倍、損失も1000倍」と言われると、どうしても損失の1000倍の恐怖の方が勝ってしまいますよね(笑)

そこで、ゼロカットシステムです。

ゼロカットには「ハイレバレッジによる恐怖を軽減し、ユーザーに取引をしてもらう効果」があります。

海外Fx会社にとっても、ゼロカットの損失補填による損失よりもゼロカットの安心感によるトレード量の増加による利益の方が大きいのでしょう。

最後の理由は海外FX会社は追証がそもそもできない点にあります。

そもそも追証が不可能

最後の理由は単純で、「そもそも追証を取り立てる事が難しい」からでしょう。

GEMFOREXやXMなどの海外FX会社は日本の金融ライセンスが下りていません。

金融ライセンスが下りるという事は最大レバレッジ25倍・ゼロカット無しの国内FX業者になるという事ですから、そもそもライセンスを取ろうとしている業者はいないのですが・・・

金融ライセンスが下りていないという事は、無許可業者と言い換える事ができますね。

そのため、日本で追証取り立ての裁判を起こしたりしても「君たち無許可で営業しているよね?」となってしまうのが現状。

「追証を請求できないのなら、はなから無くしてしまおう」という事です。

もちろん、取引をしている僕らが違法という訳ではないですよ(笑)

安心してください。

ちなみに、海外FXの安全性については以下記事にまとめているので参考にしてくださいね。

 

ここまで海外FXがゼロカットを導入する理由を3つ見てきました。

GEMFOREXをはじめとする海外FX業者は、ゼロカットなどで国内FX業者と差別化を図っているのでしょうね。

最後に、GEMFOREXのゼロカットについてまとめて終わりにしましょう。

GEMFOREXのゼロカットまとめ

GEMFOREXのゼロカットは、残高がマイナスになって60分以内にボーナスとして付与されるシステム

海外FXの大きな強みであるゼロカット。ハイリスクハイリターンの海外FXでも安心してできる仕組みですね。

僕も海外FXを迷っていた時、背中を押してもらったのがこのシステムでした(笑)

GEMFOREXは、現在、口座開設で2万円のボーナスキャンペーン中です。

気になる方はぜひ公式サイトで確認してみてくださいね。

Twitterでフォローしよう

GEMFOREXが人気である理由
・口座開設で2万円ボーナス
・最大レバレッジ1000倍
・ゼロカットで追証なし